自分に自信がないから仕事がうまくいかないそんなあなたに伝えたいこと

【完全版】仕事辞めたいと言えない新卒社員が知っておくべき5つのこと。

仕事を辞めたいと言えないあなたに役立つ情報をまとめました!

「仕事辞めたい・・ってどうしても言えない・・」

あなたも人知れず、こんな思いで悩んでいませんか?

「皆が忙しい中、自分だけ仕事を辞めたいなんて言い出せない」

 

「上司が怖くてなかなか話を切り出せない」

 

「自分に自信がないから、説得されるとふにゃふにゃってなりそう・・」

 

「新卒ですぐに辞めてもいいのかな・・」

 

「親に反対されそう・・」などなど。

仕事を辞めたい理由は、人それぞれだと思いますが、辞めたいと言えない共通した理由は、「責任感」や「恐怖心」が原因になっていることがほとんどです。

また、「どうしてももう仕事に行きたくない。今の会社を辞めたいんだけど、なかなか言い出せないんだ」と誰かに相談したところで、多くの人がこのように答えますよね。

冷たい友人

「やめる権利はあなたにあるんだから、何も気にせずに辞めちゃえば」

僕も相談して同じことを言われた経験がありますが、こんなこと言われても「・・(そんなことはわかってるよ・・)」としか思えないですよね。

今回は「仕事を辞めます!」と言えないあなたの、次のような悩みを解決していきます。

  • 「新卒ですぐに辞めたいって甘え?」
  • 「今の仕事本当に辞めていい?」
  • 「仕事を辞めるとキャリアに傷がつくの?」
  • 「辞めるための準備の方法を教えて欲しい!」

きっと今のあなたに役立つ内容ばかりですので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

1. 新卒ですぐに辞めたくなるのは甘えなのか?

今の仕事を辞めたいと考える新卒社員の一番の悩みは、「すぐに辞めたいだなんて自分には我慢が甘えてのかな」と感じることではないでしょうか。

冷たい友人に相談するときっとこんな答えが返ってくるでしょう。

冷たい友人

「すぐに辞めちゃうなんてダメに決まってるじゃん」

 

でもそれって本当なんでしょうか?いえいえ。それはケースバイケースですね。仕事を辞めたいと言えないあなたが知っておくべき一つめのことは、辞めたい気持ちが、甘えなのか甘えでないのかを、もう一度じっくりと見つめ直してみることです。

辞めることを早く決意した方がいいケース

基本的には次の4つに分類される内容は、決して甘えではなく、辞めることを決意してもよい内容だといえます。

①心身が悲鳴をあげている

疲れているのに眠れない、食欲がない、体が常にだるい、怒りっぽくなったなど、今の仕事に対してストレスが多く、心身が限界のときは早めの転職を決意するべきです。

うつ病を発症する前に、軽い不調でも慢性的に続くようであれば、早いうちに対処しましょう。辛い状況のあなたにこのようなことを言うのは酷かもしれませんが、「自分の身は自分で守る」ということだけは忘れないでください。

疲れているのに眠れないときの対処法や、診療内科にかかるべきタイミングはこちらの記事で詳しくお伝えしています。

「もしかしてうつ病かな?」とちょっとでも思い当たるフシがある人は、一度はチェックしてみてください。

②人間関係が耐えれない

「仕事を辞めたい」と感じる理由の9割は人間関係によるものだと言われおり、転職しても多かれ少なかれ同様の悩みは付きまといます。

あなたの悩みが今の職場で解決できる可能性はないか、こちらの記事を参考に一度チェックしてみてもいいかもしれません。

安易な転職はあなたのキャリアを傷つけてしまう可能性があります。とはいっても、パワハラ・いじめ・嫌がらせなどが公然と行われる職場からは、逃げるのがやはり一番です。

「仕事から逃げたい」を10秒で退治!その気持ちは絶対に甘えじゃない!

③仕事にやりがいがない・合わない

努力が認められない、やりたい仕事を与えてもらえないなど、仕事にやりがいを感じることができないとき、また第二新卒の転職理由にありがちな「なんとなく就職したけど、やってみたら自分がやりたい仕事ではなかった」なども、今の仕事を辞めたいという理由になるかもしれません。

このような感情が長期的に消えないときは、今の仕事を辞めてみるのも一つです。ただ、この理由による転職は自分のキャリアに大きなダメージを与える可能性があります。

その際は、次にご紹介する「あなたのキャリアを傷つけない転職方法」をチェックしながら、転職活動を行ってください。

④会社に将来性がない

昇給・昇進がまったくない、有給が取れない、サービス残業が当たり前で違法労働が横行しているなど、社員の労働環境を大切にできない、または法令を遵守できない会社に大きな将来はありません。

そのような会社は早かれ遅かれ淘汰されていきます。また、会社の業績も非常に重要です。業績が悪化し沈みそうな船に乗ったままでは、あなたも巻き込まれて溺れてしまいます。

このような状態で、その会社を辞めないことは、むしろリスクです。すぐに辞める行動を取ってください。

2. 新卒で辞めてしまうとキャリアに傷がつく?

今の仕事を辞めたいと考える新卒社員の方が次に悩みのは、「すぐに辞めてしまうことのキャリアへの影響」でしょう。これを気にするあまり、辞めることをなかなか言い出せないということはよくあるケースです。

冷たい友人に言わせると、

冷たい友人

「あなたのキャリアめちゃめちゃになるよ」

です。

これについては結論から言うと、

確かに、新卒ですぐに仕事を辞めてしまうことは、間違いなくあなたのキャリアに傷がつきます。

ただし、

今後のあなたの動き方によって挽回は可能です。

基本的にはさきほどお伝えした「辞めることを決意した方がいい4つのケース」に該当する場合は、キャリアを後回しにして辞めることを何よりも優先すべき。

ブラックな会社からは一目散に逃げる。これが生き残るための鉄則です。

この4つ以外の場合は、ストレス耐性は人それぞれですので、ケースバイケースになってくるでしょう。

3. 決断したら辞めるための下準備を

ちゃんと辞めることを決断できたのなら、次は具体的に「辞めます!」と言うための下準備の方法です。あなたが「辞めます」と言えない理由を想像しながら、できるところから始めてください。

①伝えるのは権限者のみに

辞めることが言えない人にありがちなミスは、つい話がしやすい仲の良い同僚などに「辞めようと思っている」と小出しに話をしてしまうことです。

ですが、これはNGです。

これを徹底しておかないと、周りに足を引っ張られ退職がおぼつかなくなります。辞めることを伝えるのは、中小企業なら社長であったり、大きい会社であったら直属の上司や人事部など、人事に権限を持つ人に最初に伝えるのが鉄則です。

②仕事を引き継げる人を育てる

仕事が多くて他にできる人がいない、自分がいないと会社は困るのではないか、などの理由で辞めることを言えない人は、常日頃から仕事を引き継げる部下や後輩を育てることを意識しながら、仕事を進めておくことも大切です。

また、やる仕事がたまって辞めるタイミングがないなんてことにならないよう、断れる仕事は断る習慣を身につけておきましょう。

関連記事>>上手な仕事の断り方まとめ。断れないあなたは不幸な人生へまっしぐら!

③辞めたい理由を紙に書き出す

「仕事を辞めたい」と感じるモヤモヤした気持ちを紙やノートに書きだしましょう。

これは自分の気持ちをコントロールする手法として、よく用いられる方法ですが、紙に書き出すことによって、自分の置かれている状況を客観的に捉えることができ、「辞めたい」という思いを強く持てるようになります。

その結果「辞めることを伝える」という具体的な行動を起こせるようになります。

④退職届は事前に書いておく

辞めることを伝える下準備として、退職届を事前に準備しておくことをおすすめします。退職届を書くということは、転職を繰り返す人でもそうそう経験できるものではありません。

なんとか辞めることを伝えたものの、退職届の書き方がわからず、辞めるまでの期間が空いてしまうと、「この仕事が片付くまでいてもらえないかな」ということにもなりかねません。

  1. 退職届は事前に準備してカバンに締まっておく
  2. 「今日は言えそう!」という日に勢いで辞めることを伝える
  3. 実は「退職届は事前に準備してありまして・・」と即日提出する

こうすることで、辞めることを伝えてから、実際に退職するまでの流れをスムーズに進めることができます。また、退職届を受け取った側からすれば、「こいつ本気で辞める気だな」と思ってもらえますので、無理な引き留めの可能性がグッと低くなります。

⑤後は何も準備しない。勢いで切り出そう

気持ちが後ろ向きになっていると、同僚から「〇〇課長が呼んでるよ」と言われただけで、悪い想像が膨らんで「何か叱られることでもしたかな」とビクビクしてしまうことはないですか。

これは「仕事を辞めます」と言えないときも同じ。仕事を辞める=負い目があるという心理になり、不安や恐怖心が芽生えるわけです。

「辞めるといったら白い目で見られるんじゃないか」

 

「伝えた後に実際に辞められないとなると風当たりが悪くなるんじゃないか」

このように悪い空想を働かせてしまうわけです。でも、結局のところ、辞めると言ってその後にどのようになるかなんて誰にもわからないこと。

辞めることを切り出すにあたり、ある程度の下準備は必要ですが、必要以上に構える必要はありません。「今日は少し気持ちが前向きかも」と思えるときに、勢いで切り出してしまいましょう。

後は意外と何とかなるもんです。

冷たい友人

「退職届バシン!って、アンタもやるときはやるんだね」

4. それでも「辞めたい!」と言えないときには

ここでは「仕事が辛い、苦しい、もう限界」という状況なのに、どうしても我慢して今の仕事を続けてしまうあなたに、辞めることを決断するための効果的な方法をお伝えしていきます。

  • 「自分だけ逃げるようで辞めることを言い出せない」
  • 「辞めるなんて言ったら同僚から白い目で見られるかも」
  • 「退職したら状況はもっと悪くなるかも」
  • 「辞めたところで次の仕事が見つからなかったらどうしよう」

このような方は、ぜひこちらの記事を読み進めてください。読み終えたときには、きっと「これなら私は大丈夫!」と思えるようになっているはずです。

詳しくはこちらから>>仕事を辞める勇気を手に入れるためには、こんな未来を想像すればいい。

冷たい友人

「確かにこれだけ背中を押されたら辞めちゃうね」

5. 「辞めたい!」と言う前に転職先は決めておこう

改めてお伝えすることではないかもしれませんが、会社を辞めることを伝える前に、

転職先を決めておくこと

は、とても大切なこと。

今の仕事を辞めたものの、次の勤め先が決まらない状態は、あなたの精神にもよくありませんし、決まらないプレッシャーに、もっと条件が悪いところに転職することにもなりかねません。

このようなときは、転職サイトや転職エージェントを上手に活用することで、あなたが希望する転職先を見つけることができる可能性がグッと高くなります。

冷たい友人

「転職先決めずに辞めるって・・アンタ本気なの?」

あなたが輝ける場所はきっと他にある!

今の勤め先に辞めることが言えないあなたは、きっと人を思いやることができる優しい心の持ち主なんだと思います。

「一緒に働く同僚のことを考えると言い出せない」

 

「面倒を見てくれる先輩に苦労をかけるかもしれない」

そんなあなたに最後に僕が伝えたいこと。

それは「ときに周りに迷惑をかけてもいいんだよ」ということ。いや。「積極的に迷惑をかけましょう!」と言ってもいいかもしれません。

そうした生き方をすることによって、あなたの心は開放され、その結果、もっと大きいものを周りの人に還元できるようになります。

仲の良い同僚や面倒を見てくれた先輩や上司との別れは寂しいかもしれませんが、そんな心優しいあなたなら次の職場でも素敵な仲間にきっと恵まれるはずです。

もちろん、サービス残業当たり前、パワハラ・いじめ・嫌がらせなど、ブラックな職場に勤めている人は、今すぐに逃げる決心を固めてください。

関連記事>>ブラック企業の見分け方。転職はもちろん新卒就活生は絶対にチェックです!

あなたの今の劣悪な職場環境が当たり前の世の中ではないんですよ。あなたが輝ける素敵な場所はきっと他にあります。勇気をだして羽ばたいてくださいね!

 

★それでも仕事を辞めることを決断することができない人には、こちらも合わせてどうぞ。辛い状況でも頑張ってきたあなただからこそ、素敵な未来が待っています!

こちらから>>仕事を辞める勇気を手に入れるためには、こんな未来を想像すればいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です