自分に自信がないから仕事がうまくいかないそんなあなたに伝えたいこと

仕事で評価されない人と評価される人の決定的な7つの違いとは?

仕事で評価されない。

こんなに頑張ってるのにちゃんと評価されないなんて、上司の目は節穴なの?

プライベートを犠牲にしてまで、残業や休日出勤をして、誰よりも前向きに頑張っているのに、仕事で評価されないまま。うちの上司は一体どこを見て人の評価をしているのだろう?

同僚の中には、大して仕事ができないくせに、妙にアピールだけはうまいヤツはいるけど、やっぱりそういうヤツが評価されやすいんだろうか。

確かに自分はそういうアピールは苦手だけど、人を評価する立場にあるなら、そういうところだけじゃなく、もっと全体をみて評価してほしい・・。

あなたもきっと、損な仕事ばかりまわされて、結局は上司の好みで評価が決まる現状に、やる気がなくなっているんですよね。

ただそうはいっても、頑張って努力しているのに、このまま評価されないままの状況も悔しいですよね。ここは一つ、評価されない人とされる人の違いを一度チェックしてみませんか?

【この記事を読んで欲しい方】

 

・日々の地道な努力を認めて評価してほしい人

・アピールに惑わされずに客観的に評価してほしい人

・人の好みではなく仕事ぶりを評価してほしい人

・上司が部下のどこを評価基準としているのかを知りたい人

あなたが評価されないのは、ほんのちょっとだけ仕事の進め方が悪いだけなのかもしれませんよ。

評価されない人とされる人の決定的な違い

頑張って仕事をしているのにちゃんと評価されないなんて、たまったもんじゃないですよね。特に若い方は、そもそも上司が部下のどのあたりを評価ポイントとしているのかを、詳しく知らない方もいらっしゃると思います。

まずは最初に、仕事を評価されない人とされる人の決定的な違いを7つ見ていきましょう。

①自分に求められてものを理解しているか

評価されない人とされる人の最初の違いは、自分に求められているものを理解しているかどうかです。

これを理解していないと、あなたがいくら仕事を頑張ったところで、評価する上司が「そんなことは求めていない」と評価を下すことになり、両者の意識に差が生じます。

この差を埋めるためには、まずは会社が何を目指しているか、という会社の目的から理解し、そこから所属している部署の目的に落とし込みます。

そうすることで最終的な自分の役割もわかるようになります。評価されるためには、自分の仕事が独りよがりなものになっていないか、会社・上司の立ち位置で物事を見れているかを、一度チェックしてみましょう。

②周囲の状況を把握できているか

評価される人とされない人の次の違いは、一緒に働くチームや部署内の仲間の状況を把握できているかどうかです。

例えば、チーム・部署内の仕事がうまくいっていない状況で、「周りのことは自分の責任ではない」とばかりに、自分の仕事だけを問題なく遂行したとしても、評価されるものではありません。

評価する上司の目的はあくまで、部署内の業務を円滑に回すこと。そういう意味では、ときには自分を少しでも犠牲にして回りの人を助けようとする姿勢は、評価に値するものです。

特に若い方は、自分に余裕がなく自分の仕事に没頭しがちになりますが、ときには顔を上げて、チームの中で困っている人がいないかを見渡してみてください。周囲への気配りを見せたり、周囲との連携を図る姿をぜひ上司に見てもらいましょう。

③同僚や後輩に人望があるかどうか

同僚や後輩に人望があるかどうかも、あなたの評価を決める大きな要素です。

評価する側の上司も人間ですので、上司ひとりだけで部下全員の特性を的確に把握できていない場合も多くあります。そんなときに一つの評価基準となるのが、周りの評価、特に同僚や後輩から人望があるかどうかです。

(先輩は、評価する上司と同じ目線になりがちですので、評価する上司から見て参考にならないケースが多くみられるのでここでは除きます)

「〇〇さんは、僕は困っているときにいつもそっと助けてくれるんです」

「わからないことを聞くと優しく教えてもらえて頼りになります」

など、その好評価は回りまわってあなたを評価する上司の耳に入り、あなたの評価はあがるというわけです。

※ちなみに人望があつい人には次のような特徴があります。

  • 素直で誠実
  • 誰とでも分け隔てなく接する
  • 的確なアドバイスができる
  • 他人のせいにしない
  • 感謝を忘れない
  • 謝罪することができる

④意欲があるかどうか

上司が社員に求める資質は何か?その重要な要素の一つに「意欲」があります。仕事における意欲とは「失敗を恐れずに新しいことにチャレンジする心があるかどうか」ということ。

やったことのない新しい仕事に対して、尻込みする部下と尻込みしない部下とでは、尻込みしない部下が評価されるのは間違いありません。

上司は失敗することを恐れず、対策案を考え、周囲の支援を受けて、積極的に乗り越えていこうとする部下を応援したくなります。

既存の仕事をそつなくこなすのはある意味当たり前のこと。評価されるためには新しい仕事にチャレンジする姿勢が必要です。

このようなことを言うと「新しいことにチャレンジして失敗したら評価が下がるんじゃないんですか」という声を聞きますが、例えそれが事実ならそれはそれでいいじゃないですか。

長い目で見て、新しいことにチャレンジしない人に大きな未来はありません。あの経営の神様である松下幸之助もこのように言っています。

「失敗なしに成功なし」

特に若いあなたは、失敗を恐れずにいろいろなことにチャレンジしていってください。

⑤出る杭になれるかどうか

もちろん「縁の下の力持ち」は重要な存在です。周囲のサポートにまわり、自らの手柄ではなくても、影から何かを支えてくれる、このような人たちがいるからこそ、仕事がうまく回るといえます。

しかし、これは評価されやすい、評価されにくいで言うと、やはり「縁の下の力持ち」タイプの人は分が悪いと言えます。

それは何故なら、このようなタイプの人は自分をアピールするのが苦手ということもありますが、さきほどの④「意欲があるかどうか」にもつながるところで、改革や改善など、人や他部署を巻き込んだ仕事であったり、痛みをともなう仕事を率先して行えない人が多いからです。

確かに周りから評価が高い人は、どちらからと言えば、「縁の下の力持ち」に支えてもらっている人。ただそのような人たちも何もやっていないわけではなく、矢面にたっていろいろな痛みを引き受けているわけです。

何かを変えようと頭を出せば、それを叩こうとする人が必ず現れます。出る杭は必ず叩かれます。上司はそのような役割を率先して引き受けてくれる人を評価したくなるものなのです。

⑥自分の演出が上手いかどうか

上に立つ人ほど身につけていることが多い能力で、成功している人は必ず「周りから見える自分のイメージ」をコントロールしています。

まったく同じ仕事をしても評価が分れるのは、これをコントロールできているかどうかです。仕事の評価に大きな影響を与える会議中や商談中、プレゼン中などでの話し方にもポイントがあります。

周りから評価されやすい人は、話す言葉一つ一つを考え、そこに身振りや手ぶりを効果的に加え、服装のイメージや表情に至るまで、「自分が相手にとってどのように見えているか」を把握しています。

これは特別な能力のようにも感じますが、日々の意識や練習によって少しずつコントールできるようになります。仕事で評価されない人は、このあたりの「自己演出」の部分を少し意識してみるのもいいかもしれません。

⑦完璧主義かどうか

仕事で評価されない人とされる人の違い。最後は「完璧主義かどうか」ということです。

もちろん完璧主義の人は、上司から評価はされません。

これにつきましては、こちらの完璧主義の人は仕事が遅いし成果もでない。出来上がりは70%を目指そう。の別記事で詳しく解説しています。

評価されないときの気持ちの持ち方

ここまでは、評価されない人とされる人の違いを見ながら、どのようにすれば評価される立場になれるかという目線でお話をしてきました。

ただ、それでも理不尽な評価を受けることはあると思います。

ここからは、評価されない悔しい気持ちをどのように扱えばいいのかを、少しお話していこうと思います。

上司の評価に悩むある方から、次のような相談を受けたことがあります。

営業係長に昇進、頑張りに頑張って大規模の契約を結び、手柄を上司も社長も喜んでくれた。しかし、その仕事のせいで夜間残業が増え、残業手当のことで文句を言われることに。

頑張っているのに評価されない、営業という仕事柄、他の社員に仕事を任せるわけにもいかず、やる気がなくなりそうです。

会社に明らかに貢献しているのに、まるで「恩を仇で返す」扱いですよね。

自分が評価されているかどうかを会社に委ねてしまうと、こういうことが起こってきます。もちろん理想は、会社に貢献した分、きちんと評価してもらこと。

残業手当も当然の報酬として認められ、残業をしてまで頑張っていることが評価されるべきです。

しかしこの例のように、会社という組織の中では理不尽なことも起こるものですし、会社という組織にも「限界」があります。

この「限界」度は会社によってさまざまでしょう。いわゆる「ブラックな職場」と呼ばれるようなところでは、「限界」がとても多いのだと考えることができます。

会社に評価されなければ自分の頑張りも報われない、ということだと、理不尽な扱いに振り回されて心がボロボロになってしまいます。

評価されないと感じる「被害者」をやめる

評価されないと感じる気持ちを整理するためには、まずは、物理的な報酬と精神的な報酬を分けて考えてみましょう。

物理的に正当な報酬は必要です。残業手当が支払われないなどといったことだったら、この職場で働き続けることの是非を含めてきちんと考える必要があります。

「組織に認められなくても大丈夫な自分」というのは、何も、ただ働きをする自分ということではありません。

しかし、この例では残業手当は支払われているようですし、問題となっているのはむしろ精神的に評価されないことの方だと言えます。

もちろん、評価されるはずの頑張りが評価されなかった、残業手当のことで文句を言われた、というのは腹が立つことですから、誰でもそんな気持ちになって当然です。

この会社に就職したこと、上司にほめられながら大手の契約を結んだことなど、自分がやってきたことのすべてが間違っていたような気にすらなるでしょう。

やる気がなくなって当然です。とは言ってもそんな気持ちをずっと抱えて仕事をし続けるのは辛いもの。

具体的にどうすればいいのか。

それは大きな意味で「被害者」をやめてみるということです。

自分の価値は自分が決めるもの

どういうことかと言うと、自分の価値を他人に決めさせることをしない、自分を認める力を明け渡さない、ということです。

私たち一人ひとりが、とても価値がある存在です。

本来「足りないところ」などないのに、「足りないところ」ばかりを見るようになると、他者の評価ばかりが気になるようになります。

これは、自分の価値を他人に決めさせる白紙の委任状にサインしているようなもの。

でも、自分の事情を本当の意味で知っているのは自分だけ。自分がどれほど頑張っているかを本当に知っているのは自分だけなのです。

自分に「よく頑張った」と言ってあげられるのは自分だけ、ということに気づいてみましょう。

その上で相手の立場に立ってみると、この上司や社長は、急に増えた残業手当を見て衝撃を受けてしまい、つい感情的になってしまった、ということも考えられます。

ネガティブな反応は、困っている証拠。現在の会社側の反応は一時的なものである可能性もあります。

もちろん、本当に人を大切にできない会社だという可能性もあり、そんなときには転職も含めていろいろと考えてもかまいません。

ただ、どんな環境にいても自分の価値は自分が一番よく知っている、という姿勢を身につけておくことは、社会情勢に左右されずに充実して生きていくための大きな力になってくれます。

自分の最終的な価値を決めるのは自分自身なのだ、ということだけは見失わないようにしながら、人生の質は、一瞬一瞬の積み重ねだという事も覚えておいてください。

評価される人に嫉妬が止まらないときの対処法

自分が評価されないだけならまだしも、もっと厄介なのが「評価される人」に嫉妬して、イライラしてしまうときです。

ある男性にこんな相談を受けたことがあります。

同僚にも出世を追い越されて。どいつもこいつもうまく媚びを売って、出世していくんですよ。実力もないくせに。それを見ているとイライラしてくるんです。この気持ちはどうしたらいいんですか?

評価されない人

ウエノ

それは嫉妬ですね。
。。。確かに。嫉妬ですね

評価されない人

ウエノ

なぜ、嫉妬するんですか?
追い抜かれるのが悔しいからですよ!だって、自分の方が彼らよりも明らかに実力があるのに!

評価されない人

ウエノ

そこですよ。そこ
。。どこですか?

評価されない人

ウエノ

明らかに自分のほうが、実力があるのに、というところです

この方、まったく気づいていないようでした。嫉妬の原因は、自分のプライドにあるということに。うぬぼれとも言いますが、自分は優れている、というプライドですね。

だから、自分が評価されないのはおかしい!と感じてしまうのです。

この上司はきっとこのことをちゃんと見抜いているんですよね。だから、出世できないのです。つまり、出世できないのは自分のせいというわけです。

「自分の方が評価されるべきなのに、なぜあの人が私よりも評価されるんだ」という思いがもとで、嫉妬心が生まれてきます。

つまり、「私のほうが」という思いが、嫉妬の炎を燃え上がらせるのです。

「自分が注目されるべきだ」

 

「自分が優先されるべきだ」

 

「自分が真っ先に評価されるべきだ!」

このようなつけあがった気持ちですね。

でも間違っているのは、あなたのプライドの高さです。あなたのプライドの高さが、事実を捻じ曲げてみてしまう要因になっているのです。

ここで大切になってくるのが、謙虚な心です。

あなたが評価されないのは、それなりの理由があるということです。ただ、これって誰しもが素直に受け入れることでもありません。

やっぱり、悔しいのが本音ですから。自分は悪くないと思いたいのも当然です。

ただ、自分の過ちを正すことなく、相手に一方的に嫉妬の炎を燃やすのは、とても愚かな行為です。なぜなら、自分の非を認めることができない人は、自分の悪い部分を直すことができないからです。

それでは、いつまでたっても評価されませんよ。

評価されないのは「自分が悪いからだ」と認めて、謙虚になるのが一番ですよ。

 

ウエノ

嫉妬というものは高いプライドから生まれます。自分の非を認めて、謙虚になることが評価されることへの近道です

人格を否定されているわけではないことを知っておこう

評価されない人と評価される人の違いを見てきましたが、いかがでしたか。

自分が評価されていないを感じたときは、凹みますよね。それに批判やお叱りが加わったらトドメを刺された気分になります。

でも、今回お話してきた通り、それをどう受け止めるかによって、その後にあなたが大きく変わってきます。

仕事で評価されないからといって必要以上に凹む必要はないんですよ。悪い評価も辛い評価も、仕事や行動に向けられたものであって、決してあなたの人格が否定されたわけではないんですよ。

そのことだけは理解しておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です