自分に自信がないから仕事がうまくいかないそんなあなたに伝えたいこと

仕事で自分に自信が持てない。傷ついたあなたの心はこれだけで回復することができる。

仕事で自分に自信が持てないとき、どうすればいい?

一つのミスで自信を失ってしまうときもあれば、職場の人間関係をなんとかしようと行動したことが裏目にでたり・・という悪循環の中、「自分は何をやってもダメだ」と本格的に自分に自信がなくなるときってありますよね。

そんな目で自分を見ながら仕事をしていたら、心はどんどんボロボロになっていき、最終的には「仕事に行きたくない」という辛い状態に陥ってしまいます。

「また失敗して、周りに迷惑をかけたらどうしよう」

 

「周りの同僚はあんなに自信満々に仕事をしているのに」

 

「自分ってどうしてこんなに仕事ができないんだろう」

という悪循環から抜け出せないで苦しんでいるあなたへ。

こちらでは、自分に自信が持てなくなったときの心の回復方法をお話していきます。

自分に自信がもてない、自分に自信がない、という方はぜひ参考にしてください。

ウエノ

仕事に自信が持てるようになると、毎日を生き生きと暮らすことができるようになるのだ!

【この記事を読んでほしい人】

 

・仕事に自信がない社会人の方全般

・職場の人間関係に悩みを抱えている方

毎日上司に怒られたばかりで心が辛い方

自分の良さを再分析してみたい方

この記事のポイント!

 

この記事では、自分に自信が持てないあなたが自信を取り戻し、仕事に行きたくない気持ちを解消するための方法を、大きく分けて2つのテーマでお話しています。

 

前半は主に、仕事で自分に自信が持てない方にスポットを当てた内容となっていますので、そのような悩みをお持ちの方はこのまま読み進めてください。

 

記事の後半は「あなたの幼少期とあなたの母親との関係」がポイントになっていますので、仕事の悩みだけではなく、自分に自信がないすべての方におすすめの内容になっています。

 

特に、「母親との関係はあまりよくないかも」と思われる方は、記事の後半から読んでもらうのもおすすめですよ。

 

 

 

記事の最後に、あなたが自分に自信が持てるようになる無料診断を実施中です!

 

 

自分に自信が持てなくなる原因は?

まず最初に「自分に自信が持てなくなるのはなぜ?」ということについて考えていきましょう。

例えば、仕事でミスが続いて上司に叱られたりすると、人は「もう二度と傷つきない」と心に傷を負います。

これは人間が生き物である以上、当然の反応です。

また、警戒心は自分にも向かいます。「またミスをしないようにしっかチェックしなければ!」と思うからです。

これはこちらの仕事がしんどいからって本当にもう頑張らなくていいの?答えはこれです。の記事でもお話しましたが、「頑張りすぎ」と同じ精神構造を持っています。

つまり、ここで「どれほどチェックしても足りないと思う心」が発生してしまうのです。

分かりやすく言うと、外出するときに、少し歩き出した途端、「あれ?ちゃんと鍵閉めたかな?」となり、鍵を閉めたかを確認した次は、「あれ?キッチンの火はちゃんと消したかな?」と、前に進めないような精神状態に似ています。

人間に「完璧」はありませんから、「また失敗しそうな点」は必ずどんどんでてきます。特に、仕事のように複数の人がかかわることについてはなおさらです。

ですから、当然「もっとチェックしておくべきところはないかな」と次々と不安が量産されていきます。

このチェックは、単に「仕事に失敗した」にとどまらず、「失敗してしまった自分」そのものにも厳しく向けられ、最終的には「自分は人間としてダメなのではないか」というレベルにまで達することが多いです。

自分の人生のすべてが間違っていた、自分はダメな人間だと絶望し、自分に自信が持てなくなるというわけです。

また、こんなときは自分の判断力も信用できなくなるため、何かを決めようとしても「この選択が間違えているんでじゃないか」と不安になり、何も決められないという状況に陥ってしまいます。

目標は「まぁ何とかなるだろう」

では、自分に自信が持てなくなった心をどのようにして回復させていけばいいのでしょうか。

それは「まぁ、何とかなるだろう」という感覚を取り戻すことです。

僕たちは通常、意識していなくても「まあ、何とかなるだろう」という感覚を持って暮らしています。これは仕事でも同じです。

自分の人生、次の瞬間にはどうなるかわからない、という恐怖を持ち続けて生活をしていくことはできません。

震災が今にも起こるのではないか、

 

頭の上から突然何かが落ちて来るのではないか、

 

思わぬところで犯罪の被害に遭うのではないか

こんなことばかり考えていたら、心へのストレスは命に関わるほどになりますし、日常生活の中で「今やらなければいけないこと」に集中できなくなるからです。

次の瞬間に何が起こるかは誰でもわからないですが、それでも僕たちが何なく暮らしていけるのは、この「まあ、何とかなるだろう」という感覚があるからです。

これを仕事に当てはまると、このような気持ちを持つことが目標になるということです。

「失敗しても、まぁ何とかフォローできるだろう」

 

「ミスして怒られても、まぁ別にいいかっ」

今までも何とかなったんだから、まぁ今後も何とかなるだろう。

他の人と同じようにやっていれば、まぁ何とかなるだろう。

仮に何かあっても、まぁ誰かが助けてくれるだろう。

こんな「まぁ。何とかなるだろう」という感覚が、自分に自信が持てなくなったときの心の回復方法として、とても重要になってくるというわけです。

関連記事>>完璧主義の人は仕事が遅いし成果もでない。出来上がりは70%を目指そう。

自分を責め続けるともっと自信が持てなくなる

例えば、仕事で大きなミスをしてしまったときなど、いろいろな意味で自分を責めがちになります。

最初にミスをしたのが自分。周囲に迷惑をかけた自分。

「どうしてこんなことしちゃったんだろう・・」という思いで、あなたの頭の中の時計もそこで止まってしまったような感覚に陥ってしまいますよね。

「自分があそこでちゃんと確認をしておけばよかった」

 

「自分がもう少し早く仕事をこなせていれば」

という具合に、

「自分さえちゃんとしていれば、こんなことにはならなかったのに」

と自分を責め続けるのです。

そしてこれがひどくなると、こうやって自分を責める気持ちが、あなたをそんな状態にした「加害者」と呼べる相手がいる場合にも起こってしまいます。

【例】

プレゼン会議で、自分の出番の予定はなかったのに、いきなり上司に指名されて商品紹介や業界動向の話をしてくれと言われ、結果はボロボロ・・。大勢の前で恥をかいてしまった・・・。

このケースでは、事前の指示もなく突然プレゼンを振ってきた上司が「加害者」といえば「加害者」です。

上司がそんなことさえしなければ、こんなダメージを負わずに済んだからです。もちろん、「なぜ突然に?」と上司のことをむかつく気持ちが生まれるでしょう。

しかしおそらく、より強い気持ちは、

「急に聞かれても答えられるだけの準備をしていなかったダメな自分」

 

「とっさの事態をうまくかわせなかったダメな自分」

このように自分を責める気持ちのはずです。

さらには「恥をかいたぐらいで心が折れてしまって、仕事に自信を持てなくなっている弱い自分」を責めることにもなってしまいます。

自分は悪くないのに自分を責めてしまう心理

「加害者」がいるときにも自分を責めるという気持ちは、たとえそれが「犯罪」と呼べるレベルのことであっても同じです。

もちろん加害者に対しても「ゆるせない!」と感じるのですが、同時に「被害を防げなかった」自分自身のことも責めてしまうのです。

「自分に隙があったからではないか、騙された自分がバカなのでは」という具合にですもっとひどくなると「どうしてあのときにあの場を歩いていたのだろうか」という責め方にすらなります。

こうやって「ダメな自分」を責め続けると、心はボロボロになり、どんどん自分に自信が持てない状態が出来上がります。

そして「また自分は失敗するのではないか」という思うを持ち続けると、いつまで経っても「まぁ、何とかなるだろう」という感覚を取り戻せないのです。

ウエノ

自分を責める思いは、回復の足を引っ張ってしまいます。自分をいじめる必要はありません。「今は大変なときなんだな」と自分をねぎらってあげてください。

「自信が持てない自分」が事実をゆがめてしまう

自分に自信が持てない心を回復するときに、もう一つ問題になるのは「ダメな自分」という感覚は、事実を見る目をゆがめてしまうということです。

例えば、仕事上のミスをした場合、その事実によって、メンツであれ、信用であれ、「失敗しない自分」であれ、あなたの大切な何かを失ったことは確かです。

何かを失った場合、その心を回復させるために、人の心はそれなりのプロセスを踏む必要があります。

ここでは簡単に「悲しみのプロセス」と呼びますが、大きく言えば、

「信じられない!」

 

「これが現実でなかったらいいのに!」

と現実を認めたくない気持ちから、

「もうおしまいだ」

 

「自分は二度と立ち直れない」

という絶望の気持ちへ。そしてやがて、

「まぁ現実として受け入れるしかない」

という思いへ気持ちを変化させていきます。

この最後の「まぁ現実として受け入れるしかない」という気持ちこそ、「まあ、何とかなるだろう」に通じるものです。

この「悲しみのプロセス」は、大切な人を失った場合にはより複雑な形で現れますし、何であれ本人にとって意味があったものを失うときには起こることで、心の態勢を立て直すために必要なものです。

このプロセスがないと、いつまで経っても失ったものを忘れずに生きていくことになり、自分に自信が持てない状況がずっと続いてしまいます。

客観的に見てみることも大切

「悲しみのプロセス」を進んでいくときには、できれば人に支えてもらうことが望ましいです。

なぜかというと、自分のアタマの中だけで考えていると、どうしても「自分に自信が持てないダメな自分」という色眼鏡によって現実がゆがんでしまうからです。

本当は「仕方なかったこと」なのに「自分がもう少し努力していれば」と非現実的なことを考えてしまうのです。

人が寄り添ってくれていれば「誰がやったって防ぎようがなかったよ。単に運が悪かっただけ」などと言ってくれるでしょうが、自分一人だとどうしても自分を責めてしまいます。

自分に自信が持てないときは、仲の良い同僚や家族など、自分が心を許せる人に自分の悩みを聞いてもらうようにしてみてください。

関連記事>>【仕事の悩み相談】誰にどうやって相談する?→答えはこれです

人にかけてあげる言葉を自分にもかけてあげよう

自分に自信が持てないとき、安心して話せる相手が見つかれば何よりですが、それができない環境であればこのように考えてみてください。

「もしも同じようなことが他人に起こったとしたら、自分は何と言ってあげるだろうか」

こうすることによって、自分を責める気持ちを和らげることができます。

実際に改善すべきポイントがある場合も同じです。「次はこういうふうにすればもっとうまくできる」という点に気づくことは、立ち直りに明らかにプラスです。

たとえば、道を歩いていて、「突然落とし穴に落ちてしまった!」という場合には、次にどこに落とし穴があるのかがわからない限り、歩くことそのものが怖くなってしまいます。

しかし、落とし穴の見つけ方を知っていれば、歩くのが怖くなくなります。

しかし、自分のアタマの中だけで考えていると、「そもそも自分はこの会社でやっていく能力がないんだ」というくらいに極端に自分を責めてしまうこともあり、とても「次はこういうふうにしよう」といった、現実的で前向きな改善策を思いつかないこともあります。

そんなときも、他人にだったらどう言うかを考えてみるといいでしょう。

「全体にはよく頑張っているけど、会議の準備だけはもう少し早めにしておいた方がいいと思うよ」

この程度の言い方になるのではないでしょうか。

自分に自信が持てない心を回復させるためには、自分に対しても、ぜひそのような言い方をしてあげるようにしてください。

ウエノ

人にかけてあげる言葉を自分にもかけてあげてください。自分を責める気持ちがきっと減るはずですよ。

自信が持てなくなったら「いつもの毎日」を意識しよう

自分に自信が持てないときは、失敗前の自分を思いだしてみてください。

「仕事上の失態」という衝撃を受けたままの状態でいると、「また仕事で失敗するのではないか」と常に考えてしまうようになります。

何をするにも、まるでその心配によって心がハイジャックされたような状態になってしまうのです。

しかし考えてみれば、失態前の自分は、もっと何気ないものだったはずです。

朝起きて、食事をして、出勤して、その日の仕事をこなして、必要があれば愚痴を言い、息抜きがあればして、「あぁ今日もあればできなかったな、まあそのうちやろう」と思いながら眠りについていたのです。

心から笑いリラックスできる時間を取り戻そう

人生のテーマは決して「仕事で失敗しないこと」に限定されているわけではありません。

まずは日常生活から取り戻してみましょう。自分への自信を取り戻すためには、食事や睡眠など、基本的な生活を大切にすることが重要になってきます。

「よく眠った方が仕事にもプラス」と考えるのではなく、単に眠いから、あるいは人間は眠るものだから、眠るのです。

また「仕事のためにスタミナをつけよう」と考えるのではなく、単においしいから食べるのです。

そうやって「また仕事で失敗するのではないか」というテーマと関係のない、何気ない時間を意識して増やすことが大切です。

仕事で失態をおかす前の自分の生活を、できるだけ思い出してみましょう。「ああ、こんなことで笑っていたな」「こんなことでリラックスしていたな」などと思い出せば大きな力になります。

地に足をついた日常生活を送れば送るほど、自分に自信が持てない状況から立ち直ることができる、ということを頭に置いておいてください。

関連記事>>仕事やる気がでない!楽しくない!で転職しても後悔します→理由はこれ

高すぎる目標は立てない

自分に自信が持てない心を回復させるために、小さな達成を積み重ねることも重要です。

仕事で失態を重ねたときは、無力感や絶望感が高まっていますので、普段よりもさまざまなハードルを高く感じてしまいがちです。

そんなときほど、ものごとのハードルを下げたほうがよいです。

ところが、自分に自信が持てないときほど、人の心は不安でいっぱいになりますので「すぐに完璧な」結果を求めたくなります。

一刻も早く安心したいがために、逆に非現実的な高い目標を目指してしまうのです。

しかし、このような状態ではどうしても感情が先走ってしまって、冷静な判断をすることができませんので、実際に目標を達成することはまずありません。

するとそこでもっと自信を無くし「やっぱり自分はダメだ」という悪循環に陥るわけです。

これは突然水の中に突き落とされ溺れているような状態になっているときに、小さくてもしっかりしたものにつかまる、というイメージです。

こうやってちょっとずつ、小さくてもしっかりしたものにつかまっていけば、やがて自分に自信を取り戻せるようになっていきます。

小さくても安心なものをコツコツこなそう

仕事の失態の悪循環から抜け出せないということは、「これをつかんだら、また溺れるのではないか」という恐怖から、何も手をだせなくなってしまっている状態ともいえます。

そんなときには「何をつかめばうまくいくか」ではなく、まずは目先にある、小さくても安心なものに手をつけましょう。

具体的には、大きな成功を目指すのではなく、日々決まっている仕事に集中し、何かかの目標を立てるにしても、一日の中でできる小さなものにとどめます。

このときのポイントは、「単にこなす」こと。

質を求めてしまうと、自分の足りないところ探しが始まって心がグラグラします。

例えば、報告書を書く、というようなとき「よい報告書を書かなければ」と思ってしまうと「もっとよい着眼点があるのではないか」などという悪循環から抜け出せなくなりますが、「とにかく書き終わることが大事」というふうに考えると、「できた」という感覚をもつことができます。

こうやって小さくてもできた」という感覚を積み重ねることができると、「まあ、何とかなるだろう」という感覚を取り戻しやすくなります。

目標をちいさくすればするほど、得られる達成感の数も増えます。

つまり、あなたは負のスパイラルから抜け出すことができ、自分への自信がどんどん戻ってくるのです。

先を見ないでここまでの道のりを振り返る

先を見るのではなく、ここまでの道のりを振り返ることも、「まぁ、何とかなるだろう」という感覚を取りもすためには重要なことです。

小さな達成点をたくさん見つけて、最悪だったころと比べていきましょう。

そうすると、ただ足元を固めてきただけのことであっても、ずいぶん長い距離を進んできたことがわかります。

これは、とても高い山を登ることに似ています。

山頂ばかり見ていると、自分が全然進んでいないように見えるのです。でもふと下を見れば、家々も小さく見えて、ずいぶん自分が登ってきたことがわかります。

自分に自信を取りもどすために、自分の努力を認めつつ、小さな達成をコツコツと積み重ねていってください。

あなたが自分に自信がない理由は「幼少期の記憶」のせい

ここまで、仕事で自信が持てなくなったあなたに、自分に自信を取り戻す方法をご紹介してきました。

さて、ここまででも十分に話しが長くなりましたが、ここからは第二部のスタートです。

次は、「幼少期のあなたの記憶が、あなたが自分に自信が持てない原因になっている」というテーマで、あなたが失ったその自信を取り戻す方法をお話していきます。

「もう読み疲れました。満足です」という方は、ここでそっとこのページを閉じてしまってくださいね(笑)お時間がある方だけ、もうちょっとお付き合いください。

では、話を進めますが、あなたは自分に自信が持てるようになれば、「ずば抜けた営業成績じゃないけど、このぐらいでいいよね」とか「段取り悪いって言われるけど、しょうがないよね」と、自分自身をそのまま受け入れることができます。

ですが、心に劣等感があって自分に自信がないと、「こんな自分ではいけない」と自分を否定してしまいます。

「でも、この性格は生まれ持ったものだから・・」と思った人、それは違います。生まれたときは、誰もが劣等感とは無縁だからです。

だって、生まれてすぐに「オムツにうんちをしちゃうのは、自分のデキが悪いからだ」とか「おっぱいが飲みたいって泣いたら申し訳ないなぁ」なんて思っている赤ちゃん、いるわけないですよね(笑)

それなら、あなたの中にあるその劣等感は、いつから芽生えたのでしょうか。あなたはいつから自分に自信がないのでしょうか。

多くの場合は、お母さん(お母さんがいない場合は、お母さん代わりの存在の人)との関係にあると言われています。

たとえば、テストでたったの20点しか取れなくても「20点取れたね!」とお母さんに喜ばれたなら、20点でも自分を肯定できる人になります。

一方で、99点でも「どうして100点じゃないの!」とがっかりされたり怒られたりしたら、99点でも自分の中に劣等感が生まれ、自分に自信が持てない人になります。

もちろん点数はたとえ話ですが、要は「どこまでやったらお母さんが喜んでくれたか」「何をしたらお母さんががっかりしたり、怒ったりしたのか」が、今のあなたに大きく影響しているということなんです。

  • ちゃんとお行儀よくしなきゃダメよ。
  • のんびりしてないの急がないとダメよ。
  • お勉強も、運動も努力もしなきゃダメよ。
  • お友達に嫌われるようなことしちゃダメよ。
  • お兄ちゃんなんだから、しっかりしなきゃダメよ。

こんなふうにお母さんに言い聞かされて育ってきた子は、自分でも意識しないうちに、お母さんの評価を求めて頑張るようになります。

でも、頑張った結果に対してお母さんが喜んでくれなかったり、がっかりしたりすると、「自分はもっと頑張らないといけない」とか「今のままじゃ価値がない人間なんだ」と考え、さらに頑張ろうとします。

これが、あなたが持っている劣等感、自分に自信がない根源です。

こうして仕入れた「今のままの自分じゃダメなんだ」という意識は、大人にになっても消えることなく、どんどん熟成されていくのです。

罪悪感がないから自信が持てる

親の顔色を気にすることが、社会にでると、上司や先輩など職場の人の顔色を気にすることにつながります。

  • 職場で嫌われちゃいけない。
  • のんびりしてないで、急いで仕事をしないといけない。
  • 頑張っていい成績を挙げないといけない。

そうして自分に自信がない劣等感が、「もっと頑張らないと」と、あなたにプレッシャーをかけていきます。

もし、「あなたはこのままでいいのよ」と、子供を丸ごと肯定するようなお母さんだったら、劣等感を背負わずに、人の顔色なんて気にしない、自分に自信がある人間になっていたかもしれません。

そのような人は、社会に出た後も、なんの根拠もなく「自分は大丈夫」だと思っていたりします。育つ過程で劣等感や罪悪感を仕入れないまま大人になった人です。

罪悪感がないから、仕事を断っても「悪いな」と思うこともなく、劣等感がないから「頑張らなきゃ」と追い詰められることもなく、サッサと帰ることができる。

自分のことを丸ごと肯定するので、他人から嫌われることも怖くない。自分に自信がある人は、実にのびのびと楽しそうに仕事をしています。

一方、劣等感や罪悪感を背負い込むと、うまくいった時にしか自分に自信が持てなくなります。裏を返せば、うまくいっていない時の自分は好きじゃないということ。

なので、うまくいかない時は、ひたすら反省や自分責めを繰り返します。そして、いつまでも自分にOKが出せない。ここにも、おおもとには、幼少期からのお母さんとの関係があります。

テストで100点が取れなかったから、お母さんが喜んでくれなかった。

お母さんがため息をついた、お母さんに怒られた。

 

迷惑をかけて、がっかりさせてしまってごめんなさい。

 

お父さんと喧嘩して、お母さんがかわいそう。

 

もっともっと頑張って、できる子にならなきゃ。

でも、本当にそうなんでしょうか。よくよく考えてみれば、お母さんが本当に悲しいのか、かわいそうなのかは、本人しか知り得ないこと。

なので自分を責めたり、さらにはお母さんを責めたりするのはおかどちがい。それなのに、あなたは「お母さんはかわいそう」と「勝手」に思い込み、その原因が自分にあると「勝手に」決めてしまったのではないでしょうか。

そして、「かわいそうなお母さん」を喜ばせなければならないという「義務」を、これまた「勝手に」背負い、「迷惑をかけない」「がっかりさせない」ために頑張らないといけない。

そうしないと、お母さんに見捨てられる。この壮大な思い込みのストーリーが、あなたの心の中で展開されているのです。

ここで一つ、自分に自信がないあなたに、たとえ話をしてみましょう。あなたが納豆になったと想像してください。

納豆になったあなたは、スーパーの陳列罪に並んでいます。そこにあるお客さんがやってきて、

「うわ~、納豆なんてクサくて食べれんわ!」

と、あなたを見るなり、眉をひそめて去っていきました。

次にやってきたお客さんは「おいしそう!」と、あなたを買ってくれました。でも、あなたの心からは「クサくて食べられない」とけなされたことが消えません。

私はクサいから嫌われた。

 

みんなに好かれるためには、どうしたらいいんだろう。

 

もっと小粒になればいいのかな。

 

いや。それとも原料から見直さないといけないのかしら・・。

 

そんなことを考え、におわない納豆、嫌われない納豆になるための努力を一生懸命に重ねる・・。

と、ここまで読んでどう思いましたか?

「いやいや、納豆は悪くないよ。最初のお客が、たまたま納豆嫌いだっただけで、におわない納豆になるための努力なんてする必要なんてないでしょ!」

と思いませんでしたか?そのとおりなんです。

つまり、納豆はそもそもにおいがする食べ物であって、何か悪いことをしたわけじゃない。たまたまそのにおいを嫌う人がいただけのことなんです。

なので、自分を責めて自分に自信が持てなくなっている納豆は、なんだか滑稽に思えますよね。このにおいを「欠点」とか「短所」と呼び、納豆はその欠点を消そうとします。

でも、本来、納豆好きの人はにおいも込みで好きなはず。においを消すことで、納豆好きの人までも去ってしまいます。

今の自分に自信がないあなたも、この納豆と同じ。

自分は何も悪くないのに、「嫌われるかもしれない」「私はダメな人間だ」「頑張って別の人のならなきゃ」と思い込んでいる。

常に周囲の顔色をうかがい、少しでもイラっとした顔をされたら不安になる。でも、これはあなたの人生で最大の勘違いです。

そして、この大きな勘違いから抜け出すことが、自分を肯定し、自分らしく働くためのカギなのです。

「根拠のない大丈夫の樹」を心に育てよう

自分に自信が持てない状況から抜け出して、今の仕事の辛さから脱出するには、第一にあなたが今背負っている劣等感や罪悪感を拭い去ることがかかせません。

まずは、「お母さんにがっかりされる」「お母さんに申し訳ない」という「お母さん基準」を捨て去りましょう。

そのためには、「親不孝」をすることをおすすめします。親不孝といったって、大それたことをするわけじゃありません。

お母さんからのメールを返さない、電話に出ない、冷たくしてみる。

 

お母さんに喜ばれるために一生懸命やっていたことをやめてみる。

そんなことでいいんです。実際にやってみると、こんなことぐらいではなんの問題も起きないことにすぐに気づくでしょう。

お母さんに褒められようとしなくていい。お母さんにがっかりさせたっていい。たくさん心配かけたっていい。そうやって、あなたがずっと抱えてきた「お母さん基準」から一歩ずつ抜け出してください。

お母さん基準から脱すると同時に、自分を肯定し、受け入れる方法があります。それは、

「今のままの自分で大丈夫」と思うこと。

あまりにも単純すぎてビックリするかもしれませんが、自分に自信が持てない人には、この「大丈夫」の効果は絶大です。

こう言うと、必ずといっていいほど、「今の自分で大丈夫な根拠はなんですか?」と聞かれるのですが、根拠なんてものはありません。

「大丈夫だから」なのです。

もし、「大丈夫な根拠が私には見当たらないから、大丈夫なんて思えるわけがない」と考えているのであれば、それはあなたが求める「大丈夫」のレベルが高すぎるだけです。

自分に自信がない人ほど合格点を高く設定してしまいがちですが、それでは自分を受け入れられずに苦しみ続けてしまいます。

だから、まずは、あなたの中の合格点をグーっと下げてみてください。そして、「こんなもの」だと自分を認めてしまいましょう。

あなたは「こんなもの」だけど、それでも「大丈夫」なんです。

一つだけ注意してもらいたいのが、「大丈夫=うまくいくこと」ではないという点です。「うまくいくこと」だけが「大丈夫」なんだと誤解していると、結局、ものごとがうまくいっている時しか自分に自信が持てません。

何か壁にぶつかったときに、たちまち「大丈夫」ではなくなってしまいます。条件によって左右される「大丈夫」は苦しいということです。

大切なのは、「うまくいくことも、そうじゃないこともある。でも、全部ひっくるめて、何があっても自分は大丈夫」と信じることなのです。

そうやって、「根拠のない大丈夫の樹」が心の中にしっかり育つと、どんどん自分に自信が持てるようになります。

職場の人にバカにされたって大丈夫。

 

嫌われたって大丈夫。

 

がっかりされたって大丈夫。

 

頑張って別の人を目指さなくても大丈夫。

だってあなたは、そのままで十分価値のある人間なんですから。

「でも、私だって、すごく効率良くテキパキと仕事ができるようになりたいんです」

 

「僕だって、みんなの想像をぶっち切るようなすごい営業成績を挙げたいんです」

そうですよね。

でも、本来の自分が持つ別のアプリを積んで頑張れが頑張るほど、あなたがもともと持っている長所を生かせずに、追い詰められる原因になります。

そして、「自分らしさ」から離れてしまうのです。どんどん自分に自信がない状態に陥ってしまうのです。

「今の自分でも大丈夫」というのは、

「できないものは、できない」

「はよ、あきらめなはれ」

ということ。

理想の自分をあきらめた瞬間から、あなたは自分に自信が持てるようになるんですよ。

もう一度言いますね。

あなたは、そのままで十分価値のある人間なんですからね!

仕事に自信を持てない新人の方に伝えたいこと

自分に自信が持てないあなたに、あなたが失ったその自信を取り戻す方法をお話してきました。

ここでは、特に「自分は仕事ができないのかもしれない・・」と思い悩む、新人社員の方におすすめの自分に自信が持てるようになる方法をご紹介しておきます。

新人時代って新卒でも中途社員でもいろいろな仕事の悩みを持ちやすく、「自分ってダメな社員なのかなぁ」なんて思いがちですよね。

「同期ができる仕事が、自分にはこなせない。なぜだろう・・」

 

「早くこの環境に慣れて、仕事ができる人と思われたい!」

 

「新人時代に仕事に自信が持てるようになる方法を教えてほしい」

特にこのような悩みをお持ちの方は続きを読み進めてみてください。きっとその悩みが解消されるはずです。

続きはこちらから>>「仕事ができない」と嘆く新人へ。あなたが自信を持つための7つの方法

簡単に自信が持てるようになる方法がある

自分に自信が持てないあなたにおすすめの無料診断テストを実施中!

自分に自信が持てないあなたに、二部構成でいろいろとお話をしてきましたが、長々とお付き合い頂きありがとうございました。

そんな心優しいあなたに、最後にちょっとしたプレゼントです(笑)

あなたは「自分の良いところ」はどこか、

すぐに答えることができますか?

あなたがあなた自身の良いところを知っていることは、あなたがあなたの人生を輝かしいものにするために、とっても大切なこと。

そのことを知っていれば、仕事だけに限らず、恋愛においても、家族や夫婦との関係においても、ポジティブな気持ちで前を向いて人生を歩んでいくことができるようになります。

自分に自信を持つためには、「自分は大丈夫!」という根拠のない樹を育てていくことが大切なんですが、そうはいっても、多くの人がこのように感じましたよね。

「そうはいっても、その根拠のない自信が持てないから悩んでるんだけど」

はい。そのご意見はごもっともです( ゚Д゚)ノ

なので、ここでは、そんなご意見にお答えるために、あなたが自分に自信が持てるようになる、おすすめの無料診断テストをご紹介していきます。

この診断はこんな人にオススメ!

・自分に自信が持てず、劣等感がある人

・自信を持って仕事ができない人

・人間関係にストレスを感じている人

・人生を楽しく前向きな気持ちで生きていきたい人

・今の仕事環境に限界を感じている人

・これから転職活動を進めていきたい人

自分に自信が持てないあなたは、騙されたと思ってぜひ試してみてくださいね!

自信が持てるようになる無料診断テストとは?

早速ですが、あなたが自分に自信が持てるようになる無料診断テストをご紹介しましょう!

それは、リクルートが運営するリクナビNEXTの、

「グッドポイント診断」

転職活動をしたことがある方なら一度はお世話になったことがあるであろう、あのリクナビです。この診断が、自信が持てないあなたにもおすすめなんです!

僕自身、「今の会社を辞めたい」と転職を希望する20代の人たちに転職サイトを紹介するときは、まずはこの最大手のリクナビNEXTを紹介しています。

そしてその関係上、このリクナビNEXTの求人をいろいろとチェックしていたときに、「これって何だ?」って形で、このグッドポイント診断を見つけたんですよね。

そして、実際に「何だから面白そうだな」と自分で試してみたんです。転職を希望する方にも「こんなものもあるよ」と、もしかしたらオススメできるかもしれないと思ったので。

そしてそれが、思いの外、、、、

よかった!

この無料診断は、転職活動をする人にはもちろんのこと、いろいろな仕事の悩みを抱える、特に自分に自信が持てない方にとてもおすすめのツールだな、と感じました。

しかも、リクナビネクストに会員登録するだけで無料で使用できるとは。

業界の仲間ともその後いろいろと話すことがあったんですが、どうやら、この無料診断って、転職業界の中でも結構有名になっているようでね。

「これは使える」「よく当たる」と。

なので、あなたが次のような悩みを抱えているのなら、ぜひ一度使ってみてください。

  • 自分に自信が持てず劣等感がある人
  • 自信を持って仕事ができない人
  • 人間関係にストレスを感じている人
  • 人生を楽しく前向きな気持ちで生きていきたい人
  • 今の仕事環境に限界を感じている人
  • これから転職活動を進めたい人

実際の診断方法はリクルートがつくったいろいろな質問に、4択から選んでいく形式ですが、所要時間は大体20分程度。

この無料診断テストで、自分が前向きに生きていくための、かなり役立つヒントがもらえますよ!

あなたの良いところを5つ教えてくれる

上記の画像を見てください。なんだか変なキャラクターがいっぱいいますよね(笑)

このグッドポイント診断は、この18の分類の中から「あなたの5つの強み」を具体的なコメント付きで教えてくれます。

診断してくれる内容は様々で、「自己信頼」「慎重性」「決断力」「社交性」「感受性」など様々。自分に自信が持てないあなたが知りたい内容が盛りだくさんです。

そして、このグッドポイント診断の何が一番すごいって、それはその診断結果が全8,568通りもあるというところ!これは業界最大手のリクルートだからなせる業で、ほかの無料診断テストなんて、結果が数十パターンというのがほとんど。

なので、診断結果がほぼかぶります。あなたもきっとありますよね?

「無料というから時間をかけてやってみたのに。何この結果?」

みたいな残念ことが。

でもその点このグッドポイント診断は安心です!8,568通りも診断結果があれば、ほぼ他の人と同じ診断になりませんので、自分に自信が持てないあなたに本当に役立つ診断結果となっているんです。

それをできるのはやはり転職業界最大手のリクルートだからですね。今の時代、すべての情報はビッグデーターとして一元管理されていますので、リクルートはその情報を最大限に活かしているんです。

僕の診断内容はこんな感じです

自分に自信がないあなたに、ここまでグッドポイント診断のすごさをお話してきましたが、ここからは、実際に僕がやってみた診断結果をご紹介しますね。

その方がイメージが湧きやすいと思いますので。

診断結果はこんな感じで出てきます。

この診断テストを実際にやってみて一番いいと思ったのは、結果内容をよく読んでもらえればわかりますが、自分が回りからどのように評価されているのかを、とても具体的に表現してくれているところです。

特に赤字で記載されている箇所を中心に読んでみてください。

挑戦性

 

あなたは理想を追い求めます。常に自身で高い目標を設定し、その目標を達成することにやりがいを感じます。簡単に達成できるような目標や、挑戦しがいのない目標にはあまり興味がありません。成長したいと強く願うあなたは、人から見れば高すぎると思われるレベルの目標に挑戦し、成果を出してこそ達成感や喜びが得られるのです。
どんな場所でも、まず最初にあなたの出した「成果」が注目されるでしょう。その後、徐々に成果の裏にある挑戦する「姿勢」や目標達成に向けた「努力」に対しても、賞賛や支持の声が贈られるようになります。

ウエノ

確かに、その通りですね。周りからは「そんなことできるの?」と心配をかけていることが多いかもしれません。。

冷静沈着

 

あなたはいつも気持ちが安定しています。周りが盛り上がっているときにひとり冷静であることを楽しむ、そんな余裕もあるでしょう。
自分の感情を一定の状態に保つことができる人は多くないため、集団の中であなたの落ち着いた態度は際立ちます。周りの人は、あなたと過ごす時間が長くなるほど、常にものごとを冷静にとらえることができるあなたの発言や判断を信頼するようになっていきます。中には、あなたのそばにいると自分も穏やかでいられると感じる人もいるでしょう。

あなたは、この結果を見てそんなに何も感じないと思いますが、実際に僕が普段感じている悩みは、「自分って冷たいと思われているのかな」というところだったんですよね。

ウエノ

このように言ってもらえると、「人からこのように見られているんだ、自信を持っていいんだ」とても嬉しい気持ちになりました!

親密性

 

あなたは、常に謙虚な気持ちを持って人と接しています。内面についても話せる深い信頼関係を築くことを望んでおり、交際範囲を大きく広げることにはあまり興味がありません。
相手との距離感が重要と考えるあなたは、知り合って間がない相手に対してまずは適度な距離を置いて接し、互いにとって心地よい距離を探りながら丁寧に信頼関係を構築していきます。「控え目・礼儀正しい」など、評価されることも多いでしょう。
多くの人が集まる場ではおとなしく見られることが多いあなたですが、深い信頼関係を構築できた相手とは互いの思いや内に秘めたパワーをしっかりと理解しあえているはずです。

ウエノ

これも赤字の箇所ですね。本当に的を得ています。「互いに心地よい距離を探りながらというところに」という部分が、なんだか嬉しいなぁ~!

現実思考

 

あなたは、等身大の自分を軸にして、現実的にものごとを考えることができます。また、実際にものごとに取り組む際は、成果のみでなく、そこにいたるまでの努力の過程も大切にしています。夢物語にはあまり興味がなく、実際的なものこそ価値があると考えています。あなたにとって重要なのは、「今この時」であり、「現実」なのです。
あなたは常に具体的で現実的な提案を行い、実現可能な目標を定め、真摯に努力します。周りからは「地に足がついている」と表現され、その堅実性・実現可能性を評価されることが多いでしょう。

これもよく合っています!でも、赤字の箇所のように評価されていたなんて、初めて知ることができました。こんなことを書かれると、自分に自信が持てるようになりますね!

このグッドポイント診断、本当なめてはいけませんね!(正直なところ、実際にやる前は「大したことないだろう」と考えていました。。)

実際にこの診断をやってみて、なんだか心が「ジーン」と心が温かくなりましたね。「自分ってこんなに良いところがたくさんあったんだ」って。

これはやっぱり良い診断テストですよ!

診断結果を見たら自信が持てるようになった!

この「グッドポイント診断」ですが、実際にやってみて、特に仕事で自信が持てない方におすすめのツールだと感じました。

仕事の悩みはいろいろとあります。

「頼まれると断れなくて、自分ばかり残業している」

 

「仕事をしていて何か文句を言われるようなことがあって、何も言い返せない」

 

「パワハラが辛い、いじめが辛い」

 

「職場で孤立していて寂しい」

このように仕事の悩みは人それぞれですが、一つだけ共通して言えることはこれなんです。それは、

あなたが自分に自信を持てていないという事実

悩みの根っこにはすべてこれが存在しています。だから、何かあっても言い返すことができないで、言いたい言葉をグッとのみ込み、我慢を重ねる。

すると、「何も言えない自分」にさらに自信をなくすという負のスパイラルが出来上がります。

あなたの仕事が辛いのは、あなたがあなた自身に自信が持てないからなんです。

これがすべてです。

そんな負のスパイラルから抜け出すためにも、この診断テストを活用してみてください。過去にリクナビに登録している方はマイページから診断ができますし、まだの方もリクナビNEXTに登録するだけで、かなり詳しく無料診断してくれます。

そうすることによって、あなたはあなた自身も気づいていない自分の良さを知る事ができるんです。

新しい自分を発見するために、ぜひ上手く活用してみてくださいね!

グッドポイント診断の具体的な使い方

f:id:nburin0529:20170604153353j:plain

最後に「グッドポイント診断」の具体的なやり方をご紹介しておきますね。さきほどのお話しましたが、所要時間はおよそ20分ほどです。

まずは、こちらから公式サイトにアクセスしてみましょう。

 

すると、次のような公式画面になります。

▲メールアドレスを入力し、「まずは会員登録」をクリック

▲仮メールが届くので、受け取ったメールのURLをクリック。

そうすると、基本情報を入力する画面に飛びます。

f:id:nburin0529:20170701025439p:plain

f:id:nburin0529:20170701025552p:plain

▲入力は“必須”と書かれているパスワード、名前、生年月日、性別の項目だけで大丈夫です。

f:id:nburin0529:20170701015715p:plain

▲「今の仕事を辞めたい」「もう限界かも」と感じられている方は、この機会に合わせていろいろな求人を見てみましょう。

さまざまな求人を見てみると「こんな求人もあるんだ」と、今の会社がすべてではないという思考になっていって、仕事の辛さがどんどん減っていきますよ!

※「今の転職活動はしない」という方はチェックマークを外してください。そうすれば、お知らせメールは届きません。

この後に、続いてプロフィールを入力する画面になりますが、グッドポイント診断をするだけならここは入力しなくてOKです。

左上の「リクナビNEXT」のロゴをクリックして、トップページに戻りましょう。

f:id:nburin0529:20170701030019p:plain

▲そのまま下にスクロールしていくと、「グッドポイント診断」の項目が出てきます。

f:id:nburin0529:20170701021104p:plain

▲ここから診断開始です!

f:id:nburin0529:20170701021228p:plain

ここからは、およそ300問の質問がどんどんでてきます。

300問と聞くと「え?そんなに多いの?」と感じるかもしれませんが、一問一問は直感的に答えることができるものばかりですので、思ったよりサクサクと進めていくことができますよ。

こんな人はぜひ診断してみてくださいね!

  • 自分に自信が持てず劣等感がある人
  • 自信を持って仕事ができない人
  • 人間関係にストレスを感じている人
  • 人生を楽しく前向きな気持ちで生きていきたい人
  • 今の仕事環境に限界を感じている人
  • これから転職活動を進めたい人

ここで新しい自分を見つけて、自分に自信が持てる環境を整えていきましょう。

そうすれば、あなたの未来はきっと良いものにどんどん好転していきますよ!

 

 

↓↓たった20分で人生が変わる!↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です