自分に自信がないから仕事がうまくいかないそんなあなたに伝えたいこと

【完全版】職場の人間関係がストレスなあなたに。その関係を改善する方法まとめ。

働く人なら誰もが一度は悩んだことがあるであろう「職場の人間関係」のストレス。会社を転職する大半が人間関係によるものだと言われており、「あの人に会いたくないから、もう仕事に行きたくない!」となる人は世の中にきっと多いはず。

職場の人とは、睡眠時間を除けば、家族以上に時間を共に過ごしますよね。おおげさではなく、あなたの人生が楽しいものになるか、または辛いもにになるのかは、職場の人間関係に大きな影響を受けるといっても過言ではありません。

そんな人たちは、ぜひ仲の良い人間関係を築いていきたいものですよね。

ここでは、上司や先輩、後輩、お局様への接し方、職場で孤立しないための方法、あなたが職場で敬遠される理由など、職場の人間関係におけるストレスを改善する方法をまとめています。

職場の人間関係を円滑にするためのヒントをぜひここで見つけてくださいね。

1. 職場の人間関係がうまくいかない2つの理由

職場の人間関係の悩みを解決する方法をいろいろとお話していきますが、まずは最初に、現代にありがちな職場の人間関係がうまくいかない2つの大きな理由についてお話させてください。

人間関係がどんどん希薄になっている

最近は、職場の人間関係がどんどん「希薄になっている」ことが、職場のトラブルをどんどん増加させています。

あなたもこんな経験がありませんか?先輩のちょっとした一言で傷ついたり、後輩が冗談のつもりで発した一言を真にうけて落ち込んだり。

その背景として、昔に比べて人間関係が希薄になっていることが挙げられます。

昔はきょうだいが多かったり、外で遊ぶ機会が多かったりしたことから、ちょっとしたいざこざや喧嘩は日常茶飯事でした。そんな小さなトラブルを通じて、仲直りの仕方や自己主張、譲り合いを学び、それがコミュニケーションの土台になっていたのです。

しかし最近では、きょうだいが少なかったり、小さい頃から塾通いで友達と遊ぶ機会が少なかったり、1人でできるゲームをする時間が長かったりすることで、他人に揉まれる機会がないまま大人になる人も少なくありません。

すると、就職して職場の人間関係でちょっとしたトラブルがあってもどうしていいかわからず、同僚との適切な距離感が取れなかったり、相手が冗談のつもりで言った一言で傷ついて、まわりの人を遠ざけて、その関係をどんどん悪化させてしまうのです。

小さな衝突になれていない

人間関係がうまくいかないもう1つの理由は、現代の人たちは「小さな衝突になれていない」ということです。

現代は少子化で子供の数が少なくなり、1人にかける時間が増えました。それに伴って、「子供を大切に育てたい」と強く願う両親が増え、育児や教育に熱心に取り組むようになりました。

その一方で子供に嫌われたくない思いも芽生えるようになり、「子供をうまく叱れない」親も増えています。

いたずらをして大目玉を食らった。

 

わがままを言ったら叱られて号泣した。

こうした小さな衝突がないまま大きくなると、叱られることや失敗、挫折への耐性ができません。仕事上でのちょっとした行き違いで大きなショックを受けてしまい、引きずってしまうようになるのです。

たとえば、仕事上でのミスを指摘されたときに、「今度から気をつけよう」と思うのではなく、「あの人は自分のことが気に入らないから、こんなことを言ってくるんだ・・」と深読みしてしまうなど、一つの出来事を過剰に膨らませ、職場の人間関係をギクシャクさせてしまいます。

そうすると、人に頼れず、何でも一人で抱え込むことが増えてしまいます。

一緒に職場で働く人たちの言動や顔色を読み過ぎてしまうと感じている人は、幼少期のことを振り返ってみてください。家族や他人と意見をぶつけあったり、喧嘩したりといった関係はありましたか?

子供の頃の人間関係に、あなたの「職場の人間関係」が上手くいかない大きな原因があるのかもしれませんよ。

仕事に疲れた環境から抜け出す10の方法。仕事を抱え込むあなたは要注意!

2. 職場の人間関係 その特徴と押さえておきたいポイント

まずは最初に、職場の人間関係がうまくいかない大きな2つの理由をお話してきました。

次は、職場の人間関係ごとに、その特徴や傾向、気を付けたいポイントなどをお伝えしていきます。

上司・先輩編

あなたの周りにこんな上司や先輩はいませんか?

「仲間を率いる力は持っているけど、「自分ルール」が強くて融通が利かない・・。」まずは最初に上司・先輩との付き合いにおいて、押さえておきたいポイントなどをお伝えしていきます。

押さえておきたい特徴

縄張り意識が強い

職責、職域や専門分野へのこだわり、自社愛が強く、他人がその領域に入り込んできたり、批判したりすると過剰に反応する。

譲れない信念がある

過去の成功法則や知識から「こうするべき、ああするべき」というルールや信念をたくさんもっている。

正しさの主張

譲れないルールや信念に対して、常に自分が正しいことを主張する。間違いを認めなかったり、自分のやり方を強要したりする。

主導権の主張

よくいえばリーダーシップが強いのだが、悪く言えばなんにでも口を出したがる傾向がある。

簡潔に話すことを求める

人の話をじっくり聞くのが苦手なタイプが多く、長い説明等を嫌う。

上下関係にうるさい

仕事においてはもちろん、歓送迎会でも上座を主張する。言葉遣いにも厳しい場合が多く、丁寧に接することを心掛けたい。

過去の実績への執着

自慢話の中で出ることが多いが、自己顕示欲の表れとして過去の実績を声高に叫んで尊敬されようとする。

気をつけたいポイント

プライドが高い人が多く、それが地雷の種類の多さへと繋がっています。相手をリスペクトする姿勢はなによりも大切です。バカにされたり、見下されたりすることに敏感なため言葉遣いには細心の注意を払いましょう。

また、飲み会などの仕事以外の場面でも上下関係は生きていて、無礼講と言いながらも発言には注意したほうがいいでしょう。

人間関係をよくするために

意見は疑問形で伝える

コミュニケーションにおいては、言い切る形よりも疑問形でお伺いを立てましょう。

「今回のプランはF社の提案にしましょう」よりも、「今回のプランはF社の提案にしたいと思うのですが、いかがでしょう?」のほうが上司のプライドを傷つけません。

わからないことは素直に認める

意地を張るとケンカになってしまいます。わからないことはわからないと素直に認めたほうが、上司も対応がしやすくなりますので、すいません。わからなかったので教えいただけますか?、と伝えるのがオススメです。

さまざまな決裁や判断を抱え、忙しい上司ほど話を聞く余裕がありませんので、つべこべと言い訳を並べると思い切り地雷を踏むことになります。

自信を持って話すように心掛ける

上司に話をするときはある程度準備を怠らないようにしましょう。説明が長かったり、自信なさげだったりすると、忙しい上司ほど怒りを誘発しやすくなります。

可能な限り、理論整然と説明して、わかりやすく伝えることを心掛けたいものです。

関連記事>>嫌な上司との付き合い方。「哀れみの目」で冷たい態度に徹しよう!

お局様編

次は、弱みは見せないけど、心の中はコンプレックスとネガティブな考えでいっぱいのお局様です。デリケートな部分が多いので、取り扱いには要注意です。

押さえておきたい特徴

気にしていることがある

年齢や容姿にコンプレックスを持っている可能性が高い。たとえ本音であっても「きれいですね」の一言で嫌われることもあるので、相手の気にしているところがどこかをよく見極めることが重要。

余計な一言に敏感

自己否定が強い人ほど、人の話をネガティブに受け取りがち。ちょっとした一言にも敏感に反応して、「私のことを悪く言った」と解釈されやすい。

自慢話に要注意

特に恋愛のことを話すときは、うまくいっていても問題があるように話したほうが無難。恋愛コンプレックスのあるお局様は多い。

反面、お金は持っている人が多いので、お金に関する話題は比較的大丈夫。

自分が知らないことが許せない

お局様は情報通な場合が多いため、自分が知らなくて後輩が知っている話は地雷だと考えたほうが安全。万が一、この地雷を踏んでしまったら即座に謝罪したほうがよい。

細かいことをチェックしてくる

仕事の仕方から服装、髪型まで細かいとろこに気づいて指摘してくる。

気をつけたいポイント

年齢や結婚、容姿のことなど、コンプレックスになりやすいポイントをたくさん抱えているので、とても地雷が多く、自分では意識しないところでいつの間にか相手を怒らせていることがあります。

だから、地雷を踏まないように心がけるのはなかなか至難の業なので、常に先輩として尊敬していることを表現したり、あるいは、初めから一定の距離を置くなどして、仮に地雷を踏んでも被害を最小限に抑える努力をしておきましょう。

人間関係をよくするために

聞き上手になる

お局様の話は、できるだけちゃんと聞くように心がけるのがよい関係を築く近道です。それは彼女の地雷ポイントを探る上でとても大切な行為です。

彼女が気にしている分野(例えば、服装だったり、言葉遣いだったり、仕事の早さだったり)は必ず発言の端々にでてきます。

また、話を聞いてあげることで彼女にとってあなたは味方になりますから、守ってもらいやすくなります。

相手の魅力や価値に気づく

お局様は否定的なことを言っている人が多く、言われるほうは、傷ついたり、自信を失いがちになります。それによって萎縮してしまい、受け身の姿勢いると、ますます委縮してしまうもの。

そこで、そんなお局様のおおところはどこかを意識してよく観察します。これは、どうせ毎日顔を合わせるなら自分をいい気分にしなければ、という心掛けの一つ。

その見つけた魅力や価値は本人に伝える必要は必ずしもありませんが、自分の意識や考え方、そして、気分を変えると相手に与える印象も変わっていくものです。

後輩編

次は、ありのままを受け止めてもらいたい後輩編です。一生懸命に頑張っている姿を、常に温かい目で見守ることが必要です。

押さえておきたい特徴

共感してもらえないと気持ちが離れる

一般的に後輩は自信がないもの。経験も実績も乏しいため当たり前でが、それゆえに後輩の考えや思いを否定すると途端にシャッターを下ろされてしまうことが少なくない。

考えを押し付けられたくない

先輩だから、経験があるからと、その考えを押し付けるのはNG。ときに「あなたのためを思って言っている」と大義名分をかざす先輩もいるが、最も地雷を踏みやすいタイプといえる。

自分のペースを乱されたくない

後輩にもそれなりの考え方があり、自分なりに学んでいこうとしている。だから、こちらのペースで進めようとすると、心が離れていきやすい傾向にある。

自分のほうが先輩であっても、考えや思いをきちんと伝えてから物事を進めることが大切。

こだわりポイントがある

後輩なりに一生懸命仕事をしていて、その中にはデータのまとめ方や図表など後輩なりに頑張ったところ、こだわったところがある。

それを無視したり、否定してしまうと関係が悪くなる。

気をつけたいポイント

後輩だからといって、なにも知らない、できない、わからない、と決めつける態度は相手を否定する印象となり、即座に地雷を踏むことになります。

彼なりに頑張っているところ、彼女なりに考えているところがあり、それに気づいてほしい、認めてほしいと思っているものです。

あなたが先輩からされて嫌だったことは控え、先輩にしてほしかったことを後輩に与えるのが理想です。後輩に接する、後輩を育てる、というのは仕事への理解も深まるだけでなく、人間的に最も成長できる機会です。

面倒だと考えるのではなく、自分自身の成長の機会にしてください。

人間関係をよくするために

信頼する

後輩なりに考え、試行錯誤し、頑張って仕事をしています。だから、そうした頑張りや努力を認めてあげるのが先輩の仕事。そのため、思い切って信頼して任せてみるのも、先輩である自分にとっていいトレーニングになるでしょう。

ただ、信頼するためには相手のいいところを、価値や可能性を見抜く必要があります。そうでないと信頼ではなく無茶振りになってしまいます。

わかりやすく伝える

自分の常識が後輩の非常識であることも少なくありません。後輩にわかりやすく伝えるのは顧客に伝える際にも役立ちますし、コミュニケーション力をグッと向上させてくれます。

後輩に説明する機会は自らのスキルアップにつながります。

与えること

先輩から褒められたり、認められたりするのは嬉しいものですし、自信にもなるもの。未熟さを感じることもあると思いますが、よいところやできたことを積極的に認めてあげましょう。

あなたの人望が上がるのはもちろんですが、ここで人間としてグッと成長することができます。

同僚編

次は、近い存在だからこそ注意したい同僚です。比較的オープンな関係になりやすいですが、近すぎるとかえって距離を置かれることもありますよね。

押さえておきたい特徴

プライベートのOK範囲があいまい

職場の中でも一番近い関係になりやすいが、友達とも違うため、プライベートな話題についてはオープンにできる範囲が限られている。

友達感覚で踏み込むと、かえって距離を置かれることも。

競争心が旺盛

良くも悪くもライバルな関係になりやすく、昇格が早かったり、給与に差がつきはじめると、お互いにとても敏感になる。

いい意味での競争ならいいが、足の引っ張り合いなどネガティブな競争になることも多い。

正論を言われたくない

競争心の1つではあるが、同僚から正論を言われると「あいつには言われたくない」ち嫌悪感を示されることが多い。また、その結果「あいつはいい気になっている」などの反感を持たれやすい。

ちょっとした一言に敏感

自分では何気なく「今度G社の仕事を担当することになったよ」と事実を伝えたつもりが、「それって仕事ができるっていう自慢?」と受け取られたりする。

同僚だからといって必ずしも仲間とはいえないケースも少なくない。

気をつけたいポイント

同僚は職場で一番近い存在ながら、学校の同級生とも友達とも違うので境界線を引きづらい関係にあります。

人によっては仕事とプライベートをきちんと割り切っていることもありますし、むしろプライベートに近い感覚で同僚を捉えている人もいます。

そのため、目の前の同僚が、仕事をどのように捉えているか、職場での人間関係をどんな風に位置付けているかを知ることが大切になります。

また同僚ゆえに競争心が芽生えやすく、勝ち負けで議論されがちです。特に、自分がうまくいっているときほど、相手の地雷を踏みやすいので注意が必要です。

人間関係をよくするために

親しい相手でも謙虚な姿勢でいる

例えば、あなたのほうが仕事がうまくいっていたり、上司から評価されていたりすると、言い方によっては同僚に「私って仕事ができるからさ」と自慢しているように思われてしまいます。

自分ではそのつもりがなくても「勝者は敗者の気持ちがわからない」というように、自分の何気ない言葉や態度が、相手の地雷を踏みまくっていることも少なくないのです。

特に給与面や昇格などで一歩先に出ることになった場合、同僚ゆえに嫉妬を招きやすいのはわかりますよね。そんなときは、謙虚な姿勢が大切で、控えめに振舞うことができれば逆に自分の評価をさらに高め、同僚たちの支援によって、より仕事がしやすくなるのです。

自分を否定しないこと

逆に、同僚が先に昇進したり、自分がやりたかった仕事を任せられたり、上司からの評価が自分より同僚のほうが高かったりすると、どうしても嫉妬したり、自分を否定してしまいがちになります。

このようなときは、今の自分にできることに意識を向け、自分のペースを乱さないことが大事です。よく、人生も仕事もマラソンにたとえられますが、自分のペースを乱した人が完走しにくくなるのです。

相手の立場に立って考える

同僚という、最も立場が近い人ゆえに、接する際の態度が難しいですよね。変にかしこまるのもおかしいですし、かといって下手に出るのも偉そうにするのも違います。

だから、同僚との関係性では、「相手の立場を考える」ということをよく学べる場だと思うのです。

相手の価値観や考え方、やり方などを受け入れ、理解しようとしてみてください。相手と衝突するところがあれば、否定するのではなく、「違い」として受け入れることが大切です。

相手を認める

競争心や嫉妬心は私たちを追い詰める感情です。

それはどっちが偉いか、優れているか、正しいのか、という思いに常にさらされるからなんですね。それを手放すためには、「白旗をあげる」のが一番です。

勝ち負けで見るのではなく、勝ち勝ち(すなわちwin-win)で見ましょう、ということです。

相手のいいところを見つけて認めること、相手を応援することなどを意識的に行うことで、人間関係はずっとよくなっていきます。

取引先編

最後は、本心が見えにくいから対応が難しい取引先編です。

押さえておきたい特徴

空気を読むことを求める

取引先を訪問するときなどは、普段とは違う環境、違う社風の中で商談や仕事をすることになる。そのため、自社のやり方を主張したり、自分の考えのみで進めようとすると当然ながらトラブルになりやすい。

例えば、自分の職場の人間関係は上下関係がゆるいのに、取引先はとても厳しいケース。自社にいるつもりでフランクに話をしてしまうと、それが担当者の地雷だったりすることもある。

そのため、空気を読んで、より相手の状況に合わせようとすることがとても大切。

格を気にする

会社の規模の大小であったり、お互いの立場の上下だったりを気にするタイプも少なくない。相手から見て自分が下だと思われている場合、対等に話をしていくとそれだけで気分を損ねやすくなる。

気をつけたいポイント

取引先の人間とお互いに「うまくやろう」と意思が統一されているときはいいのですが、発注元と発注先などの上下関係であったり、お互いの会社の社風が違って合わなかったりするケースも少なくないでしょう。

よく相手の話を聞きながら、相手の考え方をきちんと理解し、受け入れていくことが大切です。

人間関係を良くするために

取引先との人間と話をするときは、意識的に「メモ」を取る事を忘れないようにしましょう。考え方の違う会社同士の取引ですから、自分の理解と相手の理解が異なることがあります。

そのため、なにかしらその場で記録しておくと、あとからコンセンサス(合意)を取りやすくなりますし、誤解も少なくなります。

目標に向かう姿勢を見せて人間関係を良くしよう

日本人は学校教育の中で「みんな一緒に」という風潮があります。それが職場の人間関係においても発揮され、同僚に対して気をつかったり、抜きん出たりすること拒む気持ちがでてきます。

それゆえに、嫉妬やネガティブな競争心も生まれやすく、表面的には仲はいいけれど、内面では嫌悪感を抱いていることも少なくありません。

それは周りに意識が捉われているときに、「うまくやろう」と小さくまとまっているときに起こります。

これを打開するのがあなたの「夢」や「目標」です。あなたが今の職場で成し遂げたいこと、将来の夢や目標はなんでしょう?

そうした未来に向けての前向きな気持ちややる気は、職場の人間にも伝わり、

「彼が頑張っているんだから自分も頑張ろう」

 

「彼女が高い目標を掲げているなら私もやってみよう」

というように周りもポジティブにする力を持っています。あなたが前向きな夢や目標を持つことが、職場で一緒に働く人にもやる気を与え、職場全体が前を向くエネルギーを生み出すことをぜひ意識してみてくださいね。

3. 職場で孤立する8つのタイプ

「私、いつも職場で孤立してしまうんです。もう仕事に行きたくありません」

特に、20代の女性の方から、このような悩み相談をよくいただきます。

職場にはその職場ごとの目に見えない暗黙のルールが無数に存在します。しかも、その多くはローカルルールで、他に職場では通用しないものばかり。

また、私たちひとり一人も、こうした暗黙のルールをたくさん持っています。「敬語をちゃんと使わない人は信用しない」とか、「5分でも約束の時間に遅れたら許さない」など。

職場にも、またそれを構成する個人個人にも見えないルールが無数にある光景は、まるで一見、普通の平原なのに、至るところに地雷が埋められている状態、自分はふつうに歩いているつもりでも、そこらへんで地雷を踏みまくっているんですよね。

そして、それがいずれ、職場での孤立に繋がります。

周りの人たちが、あなたに距離を置くのはどうしてでしょうか?

ここでは、職場の人間関係で孤立しやすい8つのタイプをご紹介しています。もし、今あなたが「もしかして、私、職場で浮いているかも?」と少しでも感じるところがあるなら、ぜひ一度チェックしてみてください。

詳しくはこちらから>>職場の人間関係で孤立する8タイプ。あなたもきっとどれかに当てはまる!

4. 怒られてばかりで心が萎縮する人に

「なぜ自分ばかりが怒られるんだろう・・」

「また怒られそうで上司に話かけるのが怖い・・」

「またミスをしてしまった・・もう怒鳴られるのは嫌だなぁ」

など、「怒られるのが怖くて、もう仕事に行きたくない」という方にぜひ読み進めてもらいたい内容です。

上司や先輩から怒られてばかりだと、必要以上に「怒らせないように。怒らせないように」と細心の注意を払うわけですが、そうすると、「ここに地雷があるんじゃないか?」と常に怖れを抱えることになり、職場で過ごす時間がとても辛いものになりますよね。

その結果、神経をすり減らし仕事に行きたくなくなったり、病気になってしまう人もいらっしゃるはず。

ここでは、怒られることで心が萎縮してしまっている人に、その心を暗闇から解き放つ方法をお伝えしています。

詳しくはこちらから>>怒られてばかりで仕事が辛い。萎縮する心を解き放つ6つの方法。

5. 職場の人間関係に疲れたときに

職場の人間関係で疲れる本当の原因は、実はこの1つだけです。

それは、あなたが「嫌われること」を恐れているからです。

嫌われることを恐れて、「やりたくもない仕事を引き受けてしまう」「言いたいことも言えずにグッと耐える」など、いい人を演じていては疲れはどんどん溜まるばかりです。

良い顔ばかりしてしまう、頼まれると断れない、仕事を抱え込むクセがある人などは、ぜひここで、職場の人間関係の疲れを取っ払う方法を身につけてください。

詳しくはこちらから>>職場の人間関係が辛いあなたに。そのストレスを一瞬でなくす9つの方法。

6. 職場の人間関係が最悪な方に

こちらでは、パワハラ・いじめや嫌がらせ、悪口陰口など、職場の人間関係の悩みに応じた個別記事をご紹介しています。

あまりにも職場環境が最悪の場合は、あなたの精神はすでに限界を迎えているかもしれませんが、もしかしたら、この記事の中で、あなたの今の辛い状況を改善するきっかけになるものが何かあるかもしれません。

気になる内容を一度チェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です