自分に自信がないから仕事がうまくいかないそんなあなたに伝えたいこと

仕事のプレッシャーを楽しむ10の超克術!失敗を恐れずに立ち向かおう!

あなたが仕事にプレッシャーを感じるときはどんなときですか?

営業ノルマが厳しいとき?自分に合わない仕事をさせられているとき?

それとも、失敗が許されない大きな仕事を抱えているときでしょうか?

または、やらなければならない仕事が多かったり、ソリの合わない上司や、性格が悪い先輩との仕事のやり取りのプレッシャーを感じる人もきっといますよね。

一生懸命仕事をしている人にとって、仕事のプレッシャーとの関わり方はとても重要。どうせ仕事をするならプレッシャーを楽しみながら仕事をしたいですよね!

今回は、仕事のプレッシャーを楽しむための10の超克術をご紹介していきます!

1.目の前の仕事に集中しよう

仕事のプレッシャーと上手に付き合うために、「もしも〇〇できなかったらどうしよう」という恐れを手放すことが重要になってきます。

そうは言っても、それは頭ではわかっても実際には難しいもの。どうしても気になってしまいますよね。

そんなときにはこんなコツがあります。

それは「とにかく目の前の仕事に集中すること」何らかの作業であれば、それに心を込めます。

「もしも〇〇できなかったらどうしよう」と結果が心配になったり、他の仕事のことが気になったりしたら、深呼吸して、もう一度、目の前の仕事に集中し直すのです。

これは瞑想修行のようなもので、コツがつかめると、心が確実に楽になるのを感じられるはずです。

人は相手にしているときであれば、その相手のことだけを考えるようにします。「自分はどう思われているだろうか」などという恐れが出てきたら、それを単に脇に置いて、相手に集中し直します。

クレームをつけてきている相手であれば、「困っている人」として見て、「困っていて大変だな。どういうふうにしたら安心してもらえるだろうか」というふうに考えます。

とにかく、自分のことを一切考えずに相手のことに集中するのです。

このように目の前のことに集中すると、結果として未来のプレッシャーから解放されることになります。

そうやってちょっと心に余裕ができると、「もしも〇〇できなかったらどうしよう」というプレッシャーが明らかに減ってくるはずです。

また、そうやって現在に集中して丁寧に仕事をすれば、結果として仕事の出来栄えももちろんよくなりますから、一挙両得なのです。

仕事にプレッシャーを感じたときは、とにかく目の前の仕事に集中してみてください。

関連記事>>仕事に集中できないあなたに。これを実践すれば集中力は抜群に高まる。

2.完璧主義はやめよう

仕事のプレッシャーを楽しむためには、完璧主義に陥らないようにしましょう。

責任のある仕事を任されるのは、それだけあなたが期待されている証しです。

「ぜひ期待に応えたい。自分の力で、その仕事を成功に導きたい!」

このような意欲もきっと高まることでしょう。

それはもちろん良いことなのですが、やる気がみなぎりすぎて、そこでかえって、完璧主義に陥ってしまう人がいます。

しかし、このような完璧主義に陥ると、「プレッシャーを楽しむ」どころか、「プレッシャーに押し潰される」ことになりがちです。

というのも、そもそも仕事は「100%うまくいく」ということなど、まずあり得ません。

どんなにがんばっても、どこかに不都合な点、不満足なところが出てくるものです。仕事に完璧を求めると、そのたびにイライラしたり、ストレスを溜め込むことになりかねません。

そのために精神的なゆとりがなくなって、「プレッシャーに押し潰される」危険が増してしまいます。

仕事のプレッシャーに負けそうなときは、「やってやるぞ」とあまり気合を入れすぎずに、「80%ぐらいの出来でOK」というぐらいの気持ちで挑んでください。

関連記事>>完璧主義の人は仕事が遅いし成果もでない。出来上がりは70%を目指そう。

3.心配していることはあまり起こらない

人は、なぜプレッシャーを感じるのでしょうか。その大きな理由の一つに、「失敗することへの恐怖」があります。

「もし失敗したら、自分の立場はどうなるんだろう?」

 

「失敗したら、周りから白い目で見られるかな・・」

そういった恐怖心からプレッシャーがますます強まってしまいます。そんな気持ちを追い払うには、楽天的な気持ちを持つことが大切。

「失敗しても、なんとかなる」

 

「もし失敗することになっても、笑って済ませよう」

このぐらい楽天的な気持ちでいるのが良いのです。そうすることで心配が和らぎ、プレッシャーが弱まります。

プレッシャーを楽しむことができるようになり、自分が持っている実力を大いに発揮して、結果的にいい成果を上げることができます。

人が心配しているようなことは、あまり起こらないことが多々あります。「取り越し苦労」という言葉もあります。

「失敗しても、なんとかなる」と楽な気持ちで仕事に取り掛かりましょう。

関連記事>>仕事で楽したいあなたにぜひ!とっておきの楽する方法を伝授します!

4.責任を自分一人で背負い込まないで

「失敗することへの恐怖」には、2種類あります。

一つには、自分自身のことに関する恐怖の感情です。

「もしも失敗したら、責任を問われることになる」といった、自分の立場、地位、収入、つまり、現在の生活といったものが危うくなることからくる恐怖心です。

もう一つは、強い責任感からくる恐怖です。

「この事業に失敗したら、会社が潰れちゃうかもしれない」

 

「この仕事が上手くいかなかったら、一緒に働く皆に迷惑をかけることになる」

このように会社、同僚、あるいは結婚している人なら家族への責任感からくる「失敗することへの怖れ」です。

特に、責任感の強い人は、自分自信に起こることよりも、会社や仲間・家族の将来への怖れを強く抱く傾向があります。

そして、会社のため、家族のため、「絶対に失敗できない」という思いを強く抱きます。しかし、この「失敗できない」思いが、かえって大きなプレッシャーになってしまうのです。

このプレッシャーを軽くするためには、会社や家族への責任を自分一人で背負い込もうと思うのではなく、もしうまくいかなかったとしても、仕事仲間全員で、家族みんなで「明るく笑って乗り越えていこう」という楽天的な気持ちを持つことが大切になってきます。

5.しっかり準備をしよう

第35第アメリカ大統領のジョン・F・ケネディは、このように述べています。

「失敗を怖れないものだけが、偉大なことを成し遂げる」

確かにその通りです。

失敗を怖れていたのでは、チャレンジ精神を発揮して積極的に物事に取り組めません。何をするにもオドオドとした姿勢を示すことになります。

それではあなたの能力を生かすこともできず、成功は望めません。

したがって「失敗を怖れない」ということが大切になってきます。

では、具体的にどうすれば、失敗を怖れない心を作ることができるのでしょうか。

闇雲に仕事を進めるのではなく、ちゃんと仕事の契約や段取りをつけておく。

 

事前に情報を集め、起こりうるリスクをあらかじめ予想しておく。

 

以上のことを、頭の中でシミュレーションする。

一言でいえば「しっかり事前準備をしておく」ということです。しっかりした準備があれば、失敗することへの怖れが弱まります。

プレッシャーも弱まって、むしろ「プレッシャーを楽しむ」ことができるようになります。心が楽にあり、「失敗しても、笑って済ませばいい」という気持ちも生まれます。

そのようにリラックスして、平常心で仕事に取り込んでこそ、自分が持っている能力を存分に発揮できるのです。

6.プレッシャーを感じたときはとりあえず行動しよう

一生懸命になって何かに取り組んでいるときは、人はそれぞれ「失敗することへの怖れ」を感じることはありません。

失敗は怖れる気持ちがでてくるのは、活動をやめているときです。何もしないで物思いにふけっているときです。

子供が初めて自転車に乗ることに挑戦するとき、転ぶことに強い恐怖心を感じるのは、自転車に乗り出す前です。

実際に自転車に乗ってしまえば、とにかくペダルをこいで自転車を前に進めることに夢中になって、転ぶことへの恐怖心など消えています。

「仕事で失敗することへの怖れ」も、子供の自転車乗りと同じです。

仕事で失敗することが怖くなり、そのプレッシャーで押し潰されそうになったときは、とにかく動く出すことが大切です。

そこで立ち止まっていると、どんどん恐怖心が強まっていくばかりです。

手と足を使って今やるべき仕事に集中するのです。夢中になって仕事に取り組んでいるときは、恐怖心はどこかに消え去っているものなのです。

7.プレッシャーを感じる理由を書き出してみよう

仕事へのプレッシャーを弱める方法の一つに、「書き出す」というものがあります。

まずは、どのようなことに自分がプレッシャーに感じているのかを具体的に書き出していきます。

「自分が企画開発した商品がヒットしなかったらどうしよう」

 

「上司から叱られる。社内での自分の評価が下がる」

 

「この会社に、自分の居場所がなくなってしまうかもしれない」

次に、本当にそのようなことが自分にとって重要なことなのかどうかを考えてから、もう一度プレッシャーを感じる必要はない理由を書き出してみます。

「この商品であてば、ヒットしなくても、十分に利益が出るだけの販売は見込めるはず」

 

「これまで多くの実績を残してきた。一度の失敗で上司から強く叱られるとは思えない。社内の評価も下がることはないだろう」

といった具合にです。

「書き出す」ということには、「現状を客観的に理解する」効果があります。

人はプレッシャーを感じているとき、客観的に物事を考える能力が低下しています。

しかし、「書き出す」ことによって、客観的に考える能力がアップすれば、「それほどプレッシャーを感じる必要はない」ということに気づけます。

今まで、プレッシャーを感じていたことを笑って済ませるようになるのです。

8.プレッシャーを強く感じるのは最初だけ

強いプレッシャーを和らげる方法の一つに、「場慣れする」ことが挙げられます。

たとえば、新入社員が、取引先との交渉に初めて挑むときは、強いプレシャーを感じると思います。

「交渉に失敗したら、どうしよう。話がまとまらなかったらどうしよう」

 

「交渉相手に対して失礼な態度をとっていないだろうか」

 

「相手から甘く見られて、無理難題を押しつけられるかもしれない」

そんなことにならないかと頭の中であれこれ考えて、プレッシャーに押し潰されそうになってしまいます。

しかし、ベテラン社員になると、新入社員が感じるような、そのようなプレッシャーはあまりなくなります。むしろ、プレッシャーを楽しめるようにもなります。

なぜなら、ベテラン社員は、これまでに交渉を何度も経験して、いわゆる場慣れをしているからです。言い換えれば、プレッシャーを強く感じるのは最初のうちだけなのです。

新入社員も経験を重ね、場慣れしていけば、やがてプレッシャーを楽しめるようになっていくことができます。今後、ずっとプレッシャーに苦しめられることはありません。

このように「自分もそのうち場慣れするだろう」と考えることは、プレッシャーを和らげるコツの一つです。

そして、今感じているプレッシャーを笑って済ませられるようになるのです。

9.プレッシャーに1人で耐える必要はない

強いプレッシャーを感じているとき、身近に誰か、そんな自分を安心させてくれる人がいると気持ちが落ち着く者です。

「感情的になることもなく、冷静なアドバイスをしてくれる人」

 

「こうすれば、いい結果がでるということを、筋道立てて説明してくれる人」

 

「励ましの言葉で、自分に自信と勇気を与えてくれる人」

そのような人がそばにいてくれれば、精神的に安心していられます。緊張でがちがちになっている自分に軽い冗談でも言って、笑わせてくれる人であればなおさらよいでしょう。

楽天的な性格の持ち主で、何事も笑って済ませるような人であれば、申し分ありません。

そのような人が身近にいれば、自分も「深刻に考えすぎることはない。笑って済ませよう」という気持ちになれます。

仕事の仲間、または友人、あるいは家族に、そのように自分の心の支えになってくれる人が1人でもいれば、とても心強いのです。

たとえプレッシャーに押し潰されそうなときがあっても、上手に気持ちを切り替えて、プレッシャーを楽しんでいけるようになります。

仕事の重圧に、1人で耐えていこうと思わないほうがいいのです。

重い荷物を持ち上げるとき、1人で持ち上げるよりも、2人で持つほうが軽くなるに決まっています。

「心の重荷」も同じです。

それを持ち上げるのを手伝ってくれる人がいれば、ずっと楽です。

10.やり遂げた後の楽しみを計画しておこう

「やり遂げた後の楽しみ」を計画しておくことも、今現在感じているプレッシャーを軽くするための一つの方法になります。

「たいへんな仕事だけど、この仕事をやり遂げたら、旅行しよう。きっと楽しい旅行になる。旅行の準備も今から進めておこう」

このように「やり遂げた後の楽しみ」を心に思い描くことで、精神的に楽になれます。今現在、プレッシャーのかかる仕事が進行中だとしても、そのプレッシャーが軽くなるはずです。

そして、楽しい、前向きな気持ちで仕事を進めていくことができます。トラブルや難しい問題に直面したとしても、「心で笑って済ませる」気持ちを持って対処できます。

つまり必要以上に深刻に思い詰めたり、思い悩んだりせずに済むのです。

1日の生活の中でも「今日1日、できることを精一杯がんばって自分へのご褒美に、仕事が終わったら、映画を観て帰ろう」、このように、1日の生活の中にもなにか「楽しみ」を作ることで、気持ちがずっと楽になりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です