自分に自信がないから仕事がうまくいかないそんなあなたに伝えたいこと

仕事が怖い感情を克服する8つの方法。他人中心に生きるのはもうやめよう!

仕事が怖いあなたへ。

この記事にたどり着いたということは、あなたはきっと仕事への恐怖心を必死に戦う毎日を送っているんですよね。

「どうして〇〇さんは、いつも私の言ったことを聞いてくれないんだろう」

 

「〇〇課長って私のこと嫌っているのかな」

このように、相手の気持ちを推し量ろうとし、それがわからないから苦しんでいるんだと思います。

でも、このように相手の気持ちを優先にしだしたら要注意!

あなたが仕事が怖いと感じるその心の中には、「言いたくも言えない。やりたくてもやれない」という気持ちが隠れているのです。

そして、あなたのその気持ちのもっと奥底には、こんな感情が隠れています。

「もう傷つきたくない。失敗して笑いモノになりたくない。自分だけ浮いた存在になりたくない。仲間外れになりたくない。」

こうやって、あなたが仕事が怖い、人と関わるのが嫌になる一つの理由には、あなたの心が「~しなければならない」という考えに支配されているからです。

この「~しなければならない」という思考は、相手中心の考え方。

そこに一番大切なあなたの「~したい!」という感情がごっそりと抜け落ちているのです。

あなたが仕事が怖いと感じるのはこれが一番の原因です。

あなたが今抱えているいろいろな問題や悩みは本当に「やらなければならないもの」なんでしょうか?あなたがすべてを抱え込む必要があるんでしょうか?

今回は「仕事が怖い!」という人にその辛い心を克服する考え方をお話していきますね!

他人中心の考え方はもうやめよう!

仕事が怖い感情を克服するためには、「~しなかればいけない」という他人中心に思考を改め、「~したい!」という自分中心の感情を表にだしていくことが何より重要になってきます。

例えば、あなたはこのように考えたことはありませんか?

「仕事をする以上、周りに迷惑をかけてはいけない」

 

「どれだけ辛くても仕事は休んではいけない」

 

「皆が残っているなら自分だけ先に帰ってはいけない」

これらはすべて「~してはいけない」という思考に陥っている考え方です。他にもこんな考え方もありますよね。「あの人はあんなに仕事ができるのに、なんで自分はこんなにダメな人間なんだろう」。

他人と自分とを勝手に比較し、勝手に自分は負けていると判断し、勝手に落ち込むのです。

これらの感情や考え方は、最終的には「恐怖心」、つまり、「仕事が怖い」という感情を生み出すものです。

他人と比較し、自分に自信が持てない状態が自分で作り出し、どんどんみじめな情けない気持ちになります。そして、そのような負の感情を持ったままでは仕事を前向きに進めることができないようになります。

すると、何をするにも「自分にはこんなことができるわけがない」という気持ちを持ったまま仕事をしますので、そこに「もし失敗したらどうしよう」という恐怖心がどんどん芽生えます。

これを克服するためには、自分の「~したい!」という感情を最優先にし、自分を大切にして、仕事をしていくことが重要になってきます。

自分がしたいことを最優先にすることは、そこに他人との比較が生じませんので、自分がやりたいことをただ純粋に楽しむことができるようになっていくんですね。

単純なようですが、仕事が怖いという感情を克服するには、あなたが好きなこと、好きなもの、やりたいこと、やってみたいこと、このようなことを優先していくことが何より大切なんですよ。

関連記事>>やりたくない仕事を断る方法。あなたが嫌いな仕事を大好きな人もいるんです!

自分を後回しにしない練習をしよう!

仕事が怖いという感情を克服するために、自分の感情を最優先にすることが一番大切ですが、そうはいっても、周りの人を優先にするように生きてきたあなたが、すぐにそれを実行するのも難しいと思います。

そんなあなたにおすすめなのは、「自分を後回しにしない」小さな練習を積み上げることです。

「5回に1回は頼まれた仕事を断ってみよう」

 

「月に一回は自分のために休みを取ろう」

 

「週に1回は周りを気にせず定時で帰ろう」

こんな感じのことを、ちょっとずつ実行していきましょう。例えば「5回に1回断る」のがハードルが高いと感じるのならば、10回に1回でも構いません。

関連記事>>上手な仕事の断り方まとめ。断れないあなたは不幸な人生へまっしぐら!

ちょっとずつ、ちょっとずつ自分の感情を優先するクセを身につけていくのです。

そしてこのときのポイントが、最初のうちは自分を優先することに罪悪感を感じるかもしれませんが、その感情をしっかり見届けること。

その罪悪感を否定せず、ありのまま自分の感情として受け入れましょう。罪悪感を感じることは何も悪いことではありませんよ。

そうやって少しずつ自分の感情を優先するクセをつけていくと、少しずつ罪悪感を感じることがすくなっていき、自分の感情をどんどん優先することができるようになっていくんです。

関連記事>>仕事を休みたいけど休めない!←あなたのこれ。完全に間違った思考です。

怖いなら途中でやめてもかまいません!

「~しなければいけない」の話と共通するところもありますが、あなたは、仕事を進めていく中で、このようなことを日頃から考えていませんか。

仕事は最後までやり遂げないといけない

でもこれも「仕事が怖い」に行き着く、間違った考えです。こんな考えを持っていると、何か仕方が理由があってその仕事を中断したときにでも「やっぱり自分にはできなかった」と、自分を責めだします。

でも、何事もそうですか、思い切ってスタートを切ることが一番大切なこと。

こんな「最後までやり遂げないといけない」という重たい重たい石を背負ったままでは、何か新しいことにチャレンジしようとする心が打ち砕かれてしまいます。

そういう意味でも、いつも100点を求める完璧主義もダメです。100点を求めてたって、100点の仕事が絶対にできるわけはありません。

仕事は結局、人との関わりですから、そこにいろいろな人の主観が入ります。

だから、誰から見ても100点の仕事なんて誰にでもできるわけがないんです。

仕事の怖さを克服するためには、「最後までやり遂げないといけない「100点じゃないといけない」という考えは今すぐに投げ捨ててしまってくださいね。

関連記事>>完璧主義の人は仕事が遅いし成果もでない。出来上がりは70%を目指そう。

失敗してもいいし、ミスしてもいい!

仕事でミスや失敗ををすると、どんどん自分に自信が持てなくなって、「また失敗したらどうしよう」という恐怖心がどんどん強くなります。

これはあなたの傷ついた心に自己防衛が働くので多少は仕方がないこと。

でも、それをいつまでも引きずっていてはいけません。

仕事にミスや失敗は付きものです。

他にも良く考えてみて欲しいのが、あなたのそのミスは本当にすべてがあなたのせいなのか?ということ。

仕事というものは、単独で終わる仕事はほぼ皆無で、多くの人や他部署と連携して成り立ちます。

よくよく考えてみたら、そのあなたのミスは、上司の指示が悪かっただけかもしれませんし、そもそもあなたの手元にやってきた時点で、おかしなものになっていた可能性も否定できないのです。

極論でいえば、部下のミスや失敗はすべてその上司の責任です。指導不足です。

あなたがすべてを抱え込む必要はないんですよ。

「また失敗するかも」という仕事への恐怖心は、「自分は悪くない!」という考えで打ち消してしまいましょう!

関連記事>>ミス連発で仕事を辞めたい。落ち込む気持ちはこれだけで跳ね返せる。

必要以上に空気を読むのはやめよう!

仕事が怖いという感情を持つ多くの人には、ある大きな特徴があります。

それは、必要以上に周りの空気を読んでしまう、ということ。

あなたにもそんなクセがありませんか?

「上司が機嫌が悪いのは、自分のせいかな?」

 

「あの人が冷たい態度を取るのは、この前のことが原因かな?」

このように必要以上に空気を読み、相手の感情に合わせようとします。これが、あなたの心の中に「怖い」という感情が芽生える原因です。

さらに心優しい人なら、次のように相手の心に寄り添おうと考えてしまいます。

「自分が悪いんだから仕方ないか」

「今度もう一度あやまっておこうかな」

これではあなたの心が疲れ果てて当然です。このように空気を読みすぎる力があだとなり、恐怖心へとつながっていくんですね。

そんな空気を読みすぎるあなたに伝えたいことは、他人の気持ちや言動は所詮、誰にもわからないということ。もっと言えば、きっと本人すら自分が機嫌が悪い本当の理由は分かっていません。

そんな心にムダに寄り添う行為は、あなたが疲れ果てるだけ。下手な恐怖心へとつながるだけです。

心優しいあなただから、空気を読んでしまうんでしょうが、もうこれからは他人のそんな言動は無視!自分の感情ややりたいことを最優先に考えて、行動するようにしてください。

そうすれば、あなたもその「仕事が怖い」という感情は、どんどんどこかへ消え去っていきますよ。

怖いならマイナスの感情は早く手放そう!

人は感情で動く生き物です。マイナスの感情がいつも心の中にあると、仕事に集中ができませんし、前向きな感情で生きていくことができません。

そうすると、物事はどんどん悪循環に陥ります。

例えば、あなたが抱えるマイナスの感情が家庭内の問題に起因するものであっても、その感情を引きずったまま仕事をしていては、次のように仕事にも自信が持てなくなります。

「家庭も仕事もうまくいかない。自分ってやっぱりダメだなぁ」

 

「なんだかイライラして仕事に集中できない。納期に間に合わないかも」

なんてことが起こります。

特に「怖い」という感情は、放っておくとんどんその感情は大きなのもになり、あなたの心をどんどん萎縮させていきます。

関連記事>>怒られてばかりで仕事が辛い。萎縮する心を解き放つ6つの方法。

そのような状態にならないためにも、マイナスの感情はできるだけ早めに解消し、あなたの心の痛みを取り除いてあげる作業が重要になってきますよ。

関連記事>>仕事のイライラ解消法はこれ!世の中はあなたの思い通りにはなりません!

紙に書きだすと「怖い」気持ちは緩和するよ!

なんだか心がドキドキしているのに「何が怖いのかが、はっきりわからない」という場合は、どのような心理が考えられるのでしょうか。

あなたが「ドキドキする」「すっきりしない」の奥底には、何かしらの不安対象が潜んでいる場合が少なくありません。無意識のうちに自分を抑してしまっているため、あなたは自分でも何に恐怖を感じているのかがはっきりわからないのです。

自分が怖れているのが何なのか、今一つはっきりしない人は、今自分が不安に感じていることを、白紙に書き出してみることをおすすめします。

たとえば、白紙を三分割にして、「仕事」「家庭」「自分」に分けて、それぞれに5つずつ気になることを書き出します。

リストアップしただけで問題が解決するわけではないですが、「理由がわからない漠然とした不安」には効果があります。自分の問題を書いて目に見えるようにするのは、回避したい問題に強制的に向かわせることになるので、実はつらい作業ですが、頑張って書いてみてください。

仕事が怖いという感情をを取り除く方法としてほかにも、手を動かす、ということもおすすめです。

デスクの掃除やたまった書類の整理、簡単にできる作業でOKです。片付けなどの単純作業は、行った結果も目にみえ、不安を柔らげてくれるセロトニンという物質が体の中で活性化し、いらない考えを頭から取り除いてくれますよ。

勝ち負けで判断するのはやめよう!

仕事が怖いという感情を克服する方法をお話してきましたが、いかがでしたか。

ここでもう一度まとめておきますね。

  • 他人中心の考え方はもうやめよう
  • 自分を後回しにしない練習をしよう
  • 仕事は途中でやめてもかまいません
  • 失敗してもいいし、ミスしてもいい
  • 必要以上に空気を読むのはやめよう
  • マイナスの感情は早く手放そう
  • 紙に書きだすと「恐怖」は緩和します

最後にもう一つだけお話したいことは、仕事が怖いという感情をあなたが持つのは、あなたが物事を勝ち負けで判断しすぎているからかもしれないということ。

例えば、あなたが職場でこのように感じていたとします。

「実は自分だけ仲間外れにされているんじゃないだろうか」

こんなときに勝ち負けにこだわりすぎる人は、「逃げたら負け」と判断し、その場から逃げることができません。逃げるとは「前向きな逃げる」ですよ。

「別に仲間外れにされてもいいやぁ」という考えです。

勝ち負けにこだわるあなたは、怖いという感情を抱えながらもその場から逃げることができません。

なぜなら、逃げたら負けだから。

そして、仲間の行動逐一が全部気になり、すべてをマイナスに捉えだします。

「この人は自分とだけ目線を合わせないけど、どうして?」

 

「自分が話すとなんだかみんなノリが悪いかも」

このような感じです。実際は全然そんなことがなくても、もうそのような目でしか見ることができませんので、どんどん自分を追い込み、最終的には「怖い、怖い」という感情を自らどんどん量産します。

このように勝ち負けにこだわる姿勢は、あなたの行動を支配し、より辛い環境に押し込めてしまう可能性があるのです。

こんなときは、勝ち負けを争う意識は捨ててしまうことです。逃げることが負けではありません。

「怖いときは逃げてもいい」

 

「危ないときは、関わらないようにしよう」

 

「自分を守ることは最優先にしよう」

このように自分を最優先する心は、とっても大切なことなんです。

こうやって「勝ち負けを争う意識」から解放されると、「何かするのが怖い」という感情が、「自分のために何かするのってとても気分がいい!」という感情にどんどん変化していきます。

仕事が怖いという感情を克服するために、勝ち負けにこだわる姿勢は今すぐに改めてくださいね!

自分の心が最優先ですよ!最優先!

関連記事>>職場の人間関係で孤立する8タイプ。あなたがいじめに遭う原因はここにある!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です